コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュラー ミュラーMüller, Adam Heinrich

41件 の用語解説(ミュラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミュラー
ミュラー
Müller, Adam Heinrich

[生]1779.6.30. ベルリン
[没]1829.1.17. ウィーン
ドイツロマン主義的政治思想家。 1813年以後オーストリア政府に用いられ,後年メッテルニヒの助言者となる。 E.バークシェリングの影響を受け,主著『国家学綱要』 Elemente der Staatskunst (1810) においてアトム的個人を前提とした機械論的国家観に対して,中世的秩序をモデルとした有機的国家観を主張した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Friedrich

[生]1749.1.13. クロイツナハ
[没]1825.4.23. ローマ
ドイツの詩人。シュトゥルム・ウント・ドラング運動に参加し,『羊毛刈り』 Die Schafschur (1775) などの牧歌をはじめ数多くの抒情詩バラードを書く一方,戯曲にも情熱を傾け,『ファウストの生涯』 Fausts Leben dramatisiert (78,未完) などを残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Friedrich Max

[生]1823.12.6. デッサウ
[没]1900.10.28. オックスフォード
ドイツに生れ,イギリスに帰化した東洋学者,比較言語学者。詩人 W.ミュラーの子。ベルリン大学で学んだのち,パリで印欧比較言語学の権威 E.ビュルヌフに師事。イギリスに渡って,1850年オックスフォード大学教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Fritz

[生]1821.3.31. ウィンディシュホルツハウゼン
[没]1897.5.21. ブラジルブルメナウ
ドイツ生れの動物学者。ベルリン大学で医学を学び,在学中 J.P.ミュラーから影響を受ける。 1852年以降ブラジルで動物学の研究に従事。クルマエビが発生の過程でいくつかの異なる形態をとり,それぞれの形態が他の種類の甲殻類の成体に類似することを指摘して,個体発生と進化の歴史との並行性を説いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Georg Elias

[生]1850.7.20. ライプチヒ近郊グリマ
[没]1934.12.23. ゲッティンゲン
ドイツの心理学者。ツェルノビッツ大学教授を経てゲッティンゲン大学教授。 40年近くもゲッティンゲン大学の研究室を主宰し,その業績は精神物理学,知覚,記憶など広範囲に及び,しかもその成果は高く評価され,現代の実験心理学の基盤となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Heiner

[生]1929.1.9. ザクセン,エッペンドルフ
[没]1995.12.30. ベルリン
ドイツの劇作家。 1950年代から執筆活動を始め,社会主義における生産現場を描いた『トラクター』 (1955) ,『賃金を抑えるもの』 (58) や,東ドイツ建国期を題材にした『ゲルマニア,ベルリンの死』 (57) などを発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Hermann

[生]1876.5.18. マンハイム
[没]1931.3.20. ベルリン
ドイツの政治家。 1899年社会民主党地方機関紙の編集長。 1916年国会議員第1次世界大戦敗戦後,ワイマール共和政第2代の G.バウアー内閣の外相としてベルサイユ条約に調印。 20年首相。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Johannes Peter

[生]1801.7.14. コブレンツ
[没]1858.4.28. ベルリン
ドイツの生理学者,解剖学者。父は靴屋。ボン大学で医学を学ぶ (1819~22) 。卒業論文には自然哲学への傾倒ぶりがうかがわれる。次いでベルリン大学に移り,解剖学者 K.ルドルフィに師事。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Johannes von

[生]1752.1.3. シャフハウゼン
[没]1809.5.29. カッセル
スイスの歴史家。2年間のスイス滞在後マインツ大司教に招かれ顧問官 (1786~92) ,フランス革命軍の進入直前にウィーンに移って枢密顧問官 (93~98) をつとめ,最後にナポレオン1世に起用されてウェストファリア王国の教育長官となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Karl Otfried

[生]1797.8.28. シュレジエンブリーク
[没]1840.8.1. アテネ
ドイツの古代学者。ブレスラウで学んだのち,ベルリンで A.ベックに師事し,1819~39年はゲッティンゲン大学の古代言語学の教授をつとめた。古代ギリシア史組立てるために神話を広く適用し,政治,芸術,宗教,文学,一般史を含む古代ギリシア文明の包括的理解を目標とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Karl von

[生]1852.9.3. ランゲンブルク
[没]1940.2.10. テュービンゲン
ドイツのプロテスタント神学者,教会史家。ハレ,ギーゼン,ブレスラウ,テュービンゲンの各大学教授を歴任。特に近世教会史の研究に貢献した。主著『教会史』 Kirchengeschichte (1892~1919) ,『ルターカルルシュタット』 Luther und Karlstadt (07) ,『ルターの教会・社会・主権観』 Kirche,Gemeinde und Obrigkeit nach Luther (10) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Leopold

[生]1824.6.24. マインツ
[没]1893.10.13. ベルリン
ドイツの陸軍軍医。ボン大学,ベルリン大学で医学を学び,1847年王立シャリテ病院医官,56年からハイチ国の軍医として招かれ,12年間同国の軍隊および陸軍病院の軍医総監をつとめ,70年の普仏戦争で活躍。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Otto

[生]1874.10.16. リーバウ
[没]1930.9.24. ブレスラウ
ドイツの画家,版画家。1890~95年ブレスラウで石版画の修業をし,のち1896~98年ドレスデン美術学校に学ぶ。1907年ベルリンでエーリッヒ・ヘッケルを知り,1910年ドレスデンで「ブリュッケ」の同人らと作品を発表,その後 1913年までブリュッケに参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Paul Hermann

[生]1899.1.12. オルテン
[没]1965.10.12. バーゼル
スイスの化学者。バーゼル大学に学び,1925年,同地のガイギー研究所に入り,染料と皮なめし剤の研究にあたった。 39年ハエ,カ,シラミなどに強力な殺虫効果をもつ接触毒ジクロロジフェニルトリクロロエタン DDTの合成に成功した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Wilhelm

[生]1794.10.7. デッサウ
[没]1827.9.30. デッサウ
ドイツの詩人。ベルリン大学に学び,デッサウのギムナジウムの教師,図書館長となった。民衆的心情のこもったロマンチックな詩を多く書き,特に『美しき水車小屋の娘』 Die schöne Müllerin (1821) ,『冬の旅』 Die Winterreise (23) はシューベルトの作曲で有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, William John

[生]1812.6.28. ブリストル
[没]1845.9.8. ブリストル
ドイツ生れのイギリスの風景画家。生地で J.パインに風景画を学ぶ。 1833年イギリスのロイヤル・アカデミーに初出品。 34年フランス,スイス,イタリア,38~39年ギリシアエジプトを旅行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Muralt, Béat Louis de

[生]1665.1.9. ベルン
[没]1749.11.19. ヌーシャテル,コロンビエ
スイスの道徳学者。国外に出,フランス,イギリスを経たのちベルンに帰ったが,1701年敬虔主義のゆえにベルンを放逐された。以後コロンビエに居住し著述に専念。イギリスの思想,政体をフランスに紹介することによって,ボルテール,J.-J.ルソーなどに影響を与えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Herta

[生]1953.8.17. ニツキドルフ
ルーマニア生まれのドイツの作家。両親はルーマニアのドイツ系少数民族。1973年から 1976年まで,ティミショアラ大学でドイツ文学ルーマニア文学を専攻し,独裁体制下で表現の自由を求めるドイツ語作家のグループバナート行動隊」に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ミュラー
ミュラー
Müller, Karl Alexander

[生]1927.4.20. バーゼル
スイスの物理学者。 1958年スイス連邦工科大学で博士号を取得。 63年 IBMチューリヒ研究所に入所,のちに物理学研究室責任者となり 82年から IBM上席研究員。酸化物の専門家として 1980年代初めから超電導体の研究に着手。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ミュラー(Friedrich Max Müller)

[1823~1900]英国の言語学者・宗教学者。ドイツ生まれ。比較言語学の立場から宗教学・神話学の科学的方法論を唱え、「リグ‐ベーダ全集」「東方聖典」などサンスクリット聖典を英訳・刊行。

ミュラー(Johannes Peter Müller)

[1801~1858]ドイツの生理・解剖学者。血液成分、分泌腺の働き、腫瘍(しゅよう)の構造、生殖器官の発生など、広い分野の研究で、多くの業績がある。著「人体生理学便覧」。

ミュラー(Paul Hermann Müller)

[1899~1965]スイスの化学者。DDTに強い殺虫力があることを発見した。1948年ノーベル生理学医学賞受賞。

ミュラー(Wilhelm Müller)

[1794~1827]ドイツ‐ロマン派の叙情詩人。作品「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」は、シューベルトの作曲で知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ミュラー

ドイツの国家学者,哲学者。E.バークの影響を受け,啓蒙主義自由主義に反対してロマン主義的・神秘的な国家有機体説を唱えた。ドイツ・ロマン派の復古的・反動的側面を代表する思想家。

ミュラー

ドイツ生れの英国のインド学者,言語学者,宗教学者。インド学の基礎を築いたほか,比較言語学の権威として,また比較宗教学の創始者として活躍した。初めて〈宗教学science of religion〉の名称を用いたことでも知られる。
→関連項目ラング

ミュラー

ドイツの劇作家。ザクセン州エッペンドルフに生まれた。《賃金を抑える者》(1958年)などの教育劇的な現代劇により注目を浴び,《フィロクテテス》(1964年)をはじめとする古典の改作も行った。

ミュラー

ドイツの生理学者,解剖学者。ボン大学教授を経てベルリン大学教授。感覚器官などの研究から,特殊感覚エネルギーの説などを提唱。のち生殖器官の発生(ミュラー管),血液やリンパに関する発見等多数の業績をあげた。
→関連項目ケリカーシュワンデュ・ボア・レーモン

ミュラー

スイスの物理学者。IBMチューリヒ研究所員。1986年ベドノルツとともに,バリウムランタン,銅の酸化物セラミックスが35K以下で電気抵抗が急減することを発見。

ミュラー

スイスの化学者。バーゼル大学卒業後,同地のガイギー会社に入り,染料の研究に従事。のち殺虫剤の仕事を行い,1939年DDTの殺虫性を発見,その大量生産に成功した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ミュラー Müller, Benjamin Carl Leopold

1822-1893 ドイツの軍人。
1822年4月21日生まれ。陸軍軍医正。明治4年(1871)政府にまねかれ,海軍軍医ホフマンとともに来日。東校(東大医学部の前身)で外科,婦人科,眼科を中心に医学教育と診療にあたり,ドイツ式による日本の医学教育制度の基礎をきずいた。8年帰国。1893年9月13日死去。71歳。マインツ出身。自伝に「東京―医学」。

ミュラー Müller, Caspar

1835-? スイスの製糸技術者。
横浜のシーベル-ヘグナー商会社員として滞日中,明治3年(1870)前橋藩の速水堅曹(はやみ-けんそう)にまねかれ,藩営の前橋製糸場の創設を指導。つづいて小野組の築地(つきじ)製糸場の開業にもかかわり,日本にイタリア式製糸技術をつたえた。7年帰国。

ミュラー Müller, Albert

1865-? ドイツの蹄鉄(ていてつ)技術者。
1865年12月31日生まれ。ベルリン蹄鉄学校でまなび,陸軍下士官となる。明治23年(1890)政府にまねかれて来日。東京農林学校,後身の帝国大学農科大学の獣医学科で蹄鉄技術をおしえた。28年帰国。マクデブルク出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ミュラー

没年:1893.10.13(1893.10.13)
生年:1824.4.21
明治期,最初に来日したお雇い外国人。ドイツ人医師。マインツ生まれ。生年を1822年とする説もある。ベルリン大卒。陸軍軍医。1856年より12年間ハイチ国にあり,いったん帰国。明治2(1869)年,わが国はドイツ医学を採ることとなり,プロシア公使フォンブラントに依頼。最初のドイツ人教師として,公使館付という破格の条件でホフマンと共に4年8月に来日,大学東校(東大)に着任し,わが国の医学,医学教育の基礎を築いた。外科のほか婦人科,眼科を講じた。大学東校との3年間の契約期間中に,予科3年,本科5年,ラテン語とドイツ語を主とする新しいカリキュラムを推進した。その講義は『治験録』『医院雑誌』として出版された。エスマルヒ駆血法,気管切開術などを導入,穿頭器を持参した。文部省の指示がおよばない絶大な権限と高給を得,7年宮内省御雇いとなる。8年帰国。ベルリン廃兵院長を務めた。東大構内に胸像がある。<著作>『東京―医学』(翻訳公刊)<参考文献>酒井シヅ「ミュルレルとホフマン」(『医学近代化と来日外国人』)

(長門谷洋治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミュラー【Adam Müller】

1779‐1829
ドイツの思想家。友人ゲンツFriedrich Gentzを通じて,E.バーク保守主義の影響をうけ,ベルリンのロマン主義者の仲間に入る。1808年クライストとともに雑誌《フェーブスPhöbus》を発刊,ドイツ・ロマン主義者の代表者となった。主著《国家学要綱》3巻(1809)では,啓蒙主義的国家観を排し,国家有機体説を鼓吹した。プロイセンの自由主義的改革に反対し,後にはメッテルニヒに用いられ,復古期の保守的反動的思想家の代表として知られている。

ミュラー【Benjamin Carl Leopold Müller】

1822‐93
ドイツの医師。日本がドイツ医学を採用することにしたさい,最初にやってきた御雇医師で,東大(当時大学東校と称した)において医学教育にあたり,日本近代医学の基礎を築いた。マインツで生まれる。ベルリン大学卒,シャリテ病院医官。ハイチ国に招かれたのち普仏戦争に従軍,陸軍軍医正となる。1869年,日本はドイツ医学の採用につき同国に教師の派遣を依頼したが,普仏戦争で来着が遅れ,71年(明治4)にミュラーと,彼が選んだ13歳年少のT.E.ホフマンの2人が来日した。

ミュラー【Friedrich Max Müller】

1823‐1900
ドイツに生まれ,イギリスで活動したインド学者,言語学者,宗教学者。ベルリンとパリに学び,1847年イギリスに渡り,50年よりオックスフォード大学の教授を務める。《リグ・ベーダ》の校訂(6巻本,1849‐75。4巻本,1890‐92),サンスクリット本《大無量寿経》の校訂(南条文雄(なんじようぶんゆう)と共同校訂,1883),ウパニシャッドの翻訳(全2巻,1884),《インドの六派哲学》(1899)などインド学の諸分野で幅広く活躍するとともに,《言語学講義》(1861)で知られる比較言語学の権威であり,また《比較宗教学序説》(1874)で知られる比較宗教学の創始者の一人でもあった。

ミュラー【George Müller】

1805‐98
ドイツ生れのイギリスの牧師,社会事業家。ハレ大学で学んだあとイギリスに渡り(1829),プリマス・ブレズレンPlymouth Brethren(1830年ダービーJ.N.Darbyによってプリマスに創設されたキリスト教団体)の牧師となる。1836年にブリストルで孤児院を設立し2000人にのぼる孤児を収容保護し,神への祈りによって精神的なものだけではなく物質的な必要も与えられると信じ,祈りと篤志家の献金によって孤児の世話を続けた。

ミュラー【Heiner Müller】

1929‐95
東ドイツの劇作家。エッペンドルフ(ザクセン州)の生れ。晩年のブレヒトの教育劇再志向路線に立った現代劇《賃金を抑える者》《訂正》(ともに1958初演)を書いて注目された。60年代には《フィロクテテス》(1964),《プロメテウス》(1969)をはじめ多数の古典戯曲の唯物弁証法的改作を行い,P.ハックスとならぶ東ドイツの重要なブレヒトの継承・発展者としての評価を得たが,その後代表作《セメント》(1973,グラトコーフの小説に拠る)や〈ドイツの悲惨〉をテーマにした《戦い》(1974),《グントリング》(1976),《ゲルマニア》(1977)の三部作を発表,〈言語の錬金術師〉とまで呼ばれる独特の唯物論的・思想的言語を精製し,カフカやA.アルトーへの接近からも,今日もっとも重要な同時代劇作家の一人として国際的な評価を受けている。

ミュラー【Johannes Peter Müller】

1801‐58
ドイツの比較解剖学者,生理学者。解剖学,生理学,発生学,古生物学,医学史など広範な領域にわたって業績をあげた。彼の名を冠するものだけでも,特異的感覚エネルギーの法則,軟骨索,毛毬囊(もうきゆうのう)などあり,生殖器の起源であるミュラー管の記載もおこなっている。組織学でいう結合組織も彼の命名による。コブレンツの靴屋の息子として生まれ,1819年ボン大学に入学,はじめカトリック神学を修めようとしたが,医学に転じた。

ミュラー【Wilhelm Müller】

1794‐1827
ドイツの詩人。ベルリン大学在学中以外はずっと生地デッサウを離れず,ギムナジウムの先生をしながら,詩作,翻訳,編集等の文学活動に携わった。シューベルトが彼の連作詩《美しき水車小屋の娘》(1820)と《冬の旅》(1824)に作曲したことで知られ,民謡調の詩に近代的人間感情を盛った手法はハイネに影響を与えた。自由を愛し,ギリシア独立戦争を支持して多くの詩を発表する側面もあった。【石井 不二雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ミュラー【Müller】

〔Friedrich Max M.〕 (1823~1900) ドイツ生まれのイギリスの言語学者・宗教学者。比較言語学・サンスクリットを研究、インド学の諸分野で活躍。宗教の客観的・科学的な比較研究を提唱。主著「古代サンスクリット文学史」
〔Johannes Peter M.〕 (1801~1858) ドイツの生理学者。解剖学・発生学・生理学など諸分野にわたり多くの業績を残す。血液成分の研究、腺・腫瘍の微細構造の研究、ミュラー管の発見などで知られる。
〔Karl Alex M.〕 (1927~ ) スイスの実験物理学者。ベドノルツとともに酸化物高温超伝導体を発見。
〔Leopold M.〕 (1824~1893) ドイツの軍医。1871(明治4)~75年滞日。日本の医学教育制度を確立、ドイツ医学移植の基礎をつくる。
〔Paul M.〕 (1899~1965) スイスの化学者。植物の害虫対策を研究。 DDT の殺虫効果を発見し、合成に成功。
〔Wilhelm M.〕 (1794~1827) ドイツ-ロマン派の詩人。民謡調の抒情詩を書いた。「美しき水車小屋の娘」「冬の旅」はシューベルトの作曲によって有名。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のミュラーの言及

【医学】より


[明治以後の医学]
 1870年,新政府は大学東校の医学教師としてドイツから2人の軍医を招聘したい旨,駐日ドイツ大使に申し入れている。なぜこの時期にドイツから,しかも軍医を招聘したのかについては異説が多いが,71年ドイツ陸軍軍医少佐L.B.C.ミュラーと海軍軍医少尉T.E.ホフマンが着任,ドイツの軍医学校のカリキュラムに似た,全科必修の教育システムの基礎がしかれた。その後,この2人の軍医のほかに医学者や科学者がつぎつぎと来日して教壇に立ち,一方,この学校で学んだ卒業生のうち,教授候補に選ばれたものはつぎつぎとドイツへ国費留学させられ,帰国して,ドイツ人の先任者と交代した。…

【手術】より

…明治になるや政府は軍事病院(東京府大病院)と幕府時代の医学所とを合わせて医学校兼病院(のちに大学東校と改称)としたが,これが東京大学医学部の前身である。医学校兼病院長であったW.ウィリスはイギリス人であるが,その後(1869年,明治2年6月)ドイツ医学採用の政府決定により,ドイツ人のミュラーL.Müller,シュルツェW.Schultze,J.スクリバの順に大学東校(または東大医学部)教師として外科の講座を担当した。こうして明治以来,日本の医学はドイツ医学の影響を強く受けてきたが,第2次大戦後はアメリカ医学の影響下に置かれ,外科も例外ではなかった。…

【インド学】より

…これは19世紀ヨーロッパにおける最大の研究成果である。またオックスフォード大学のミュラーF.Max Müller(1823‐1900)の功績も著しく,《リグ・ベーダ》の原典を注釈とともに出版し,比較宗教学を創始し,権威ある翻訳叢書《東方聖典Sacred Books of the East》全50巻を監修した。その後,ベーダ研究の領域ではオルデンベルクH.Oldenberg(1854‐1920),ヒレブラントA.Hillebrandt(1853‐1927)らの俊秀が輩出した。…

【インド学】より

…これは19世紀ヨーロッパにおける最大の研究成果である。またオックスフォード大学のミュラーF.Max Müller(1823‐1900)の功績も著しく,《リグ・ベーダ》の原典を注釈とともに出版し,比較宗教学を創始し,権威ある翻訳叢書《東方聖典Sacred Books of the East》全50巻を監修した。その後,ベーダ研究の領域ではオルデンベルクH.Oldenberg(1854‐1920),ヒレブラントA.Hillebrandt(1853‐1927)らの俊秀が輩出した。…

【宗教】より

…しかしこのような諸宗教に関する二分法的な類型化には,〈キリスト教〉対〈非キリスト教〉あるいは〈文明の宗教〉対〈未開の宗教〉といった対立の観念が前提とされており,西欧中心の価値観が横たわっていたことも否定できない。 これに対して第2に,さまざまな宗教における開祖の人格や思想,および教義や儀礼や制度を相互に比較し,それによってそれぞれの宗教にみられる共通性と特異性を明らかにしようとする比較宗教学的な試みがF.M.ミュラーによって創始された。それ以後,世界の諸宗教を比較の視点から客観的に記述し類型化する気運が生ずるようになったが,この方面で最大の成果をもたらしたのがM.ウェーバーである。…

【宗教哲学】より

…18世紀の啓蒙思想の影響およびヨーロッパ以外の世界諸地域の宗教に関する情報が蓄積されることによって,唯一の真の宗教と単純に考えられていたキリスト教が相対化されはじめ,当時台頭しつつあった観念論哲学との密接な関係のもとに,ドイツで宗教学Religionswissenschaftが確立された。ミュラーFriedrich Max Müllerはイギリスに移ってからscience of religionという言葉を使っているが,この用法は英語圏では定着せず,宗教学に当たるのはむしろhistory of religionsが使われてきている。これに対してコントの影響の残るフランスではsciences religieusesが使われている。…

【ベーダ】より

…15世紀末のインド航路が開かれて以来,インドの事情がしだいにヨーロッパに知られるようになると,ベーダも断片的にではあるが紹介されはじめた。19世紀にいたってようやく本格的なベーダ研究が始められ,F.M.ミュラーなど数多くの学者によって原典の出版,翻訳,各種の研究が行われるようになり,ベーダ聖典の輪郭が明らかになった。しかし,今なお不明の部分の方が多いといっても過言ではなく,現在も各国の研究者により多方面からの研究が続けられている。…

【形態学】より

…医学は古代ギリシア以来の歴史をもつが,とくに近世以降になって人体を中心とする解剖学が発展し,これが現代の生理形態学の母体となった。18世紀から19世紀にかけて,この流れの中からビク・ダジールF.Vicq d’Azyr,K.W.J.メッケル,J.P.ミュラーらによって,多くの脊椎動物の構造を比較研究する比較解剖学と,個体の発生過程を比較する比較発生学が生み出された。 形態学のもう一つの系統は博物学(ナチュラル・ヒストリー)である。…

【生命】より

…19世紀前半にF.ウェーラーは尿素を(1828),A.W.H.コルベは酢酸を(1845)無機化合物から合成し,生体を構成する有機物質の合成に生命力は必要でないとする見解に論拠を与えた。しかし生命力あるいはそれに準じる観念は根強く存続し,19世紀前半では大生理学者J.P.ミュラーがそれを代表している。19世紀後半になって生理学および生化学の研究は急速に進み,生命現象の物理化学的解明の成果は累積し,世紀末には生理学的実験的方法を生物学の広範な分野に適用する実験生物学の成立がうながされた。…

【生理学】より

…もともと〈自然学〉の意味で使われていたphysiologieを今日の生理学の意味に用いたのは,フランスの医者J.F.フェルネルがその大著のタイトルの一部に用いたのが最初(1554)とされる。近代生理学は,18世紀のW.ハーベーによる血液循環の研究に始まり,A.vonハラーその他の人々によって基本的な枠組みがつくられ,19世紀に入ると,J.ミュラーやC.ベルナールらによって実験生理学が開かれた。とくにベルナールの《実験医学序説》(1865)は今なお一般生理学の古典である。…

※「ミュラー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ミュラーの関連キーワードカージャール朝ティチング後桃園天皇平賀源内後桃園天皇桜島広島・長崎への原爆投下桜島の大正噴火大正噴火浦上春琴

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミュラーの関連情報