コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センテンドレ Szentendre

デジタル大辞泉の解説

センテンドレ(Szentendre)

ハンガリー北部の町。首都ブダペストの北約20キロメートル、ドナウ川西岸に位置する。14世紀より交易で栄え、15世紀にオスマン帝国の支配から逃れたセルビア人が居住。20世紀初めに多くの芸術家が集ったことでも知られる。バロック様式のブラゴベシュテンスカ教会や洗礼者聖ヨハネ教会(通称、丘の上のカトリック教会)のほか、同国を代表する女流陶芸家コバーチ=マルギット、フランス近代美術の影響を受けたチョーベル=ベーラ、バルチャイ=イェヌー、クメッティ=ヤーノシュらの美術館がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

センテンドレの関連キーワードハンガリーの春祭りドナウベンド

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android