コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントオーバン大聖堂 セントオーバンだいせいどう

1件 の用語解説(セントオーバン大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

セントオーバンだいせいどう【セントオーバン大聖堂】

イギリスの首都ロンドン近郊のセントオーバンズ(St. Albans)にある、イギリス国教会の大聖堂。739年にイギリスで最初のキリスト教殉教者である聖オーバンの処刑地跡に建てられたベネディクト会修道院を前身として、1877年に聖堂となった。現存する聖堂は1077年に建造されたものである。かつてローマ軍の士官であった聖オーバンはキリスト教に改宗して、304年にハートフォードシャーの町(現セントオーバンズ)で布教活動を行った。同寺院は国鉄セントオーバンズ駅からおよそ500mの場所にある。セントオーバンズは、この大聖堂やローマ統治時代の遺跡などがあるため、多くの人々が集まる観光地となっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セントオーバン大聖堂の関連キーワードロンドン交響楽団ベーズウオーターミレニアムブリッジロンドンアイロンドン大火記念塔BBCコンサート・オーケストラロンドン・クラシカル・プレイヤーズロンドン橋落ちた

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone