コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントオーバン大聖堂 セントオーバンだいせいどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

セントオーバンだいせいどう【セントオーバン大聖堂】

イギリスの首都ロンドン近郊のセントオーバンズ(St. Albans)にある、イギリス国教会大聖堂。739年にイギリスで最初のキリスト教殉教者である聖オーバンの処刑地跡に建てられたベネディクト会の修道院を前身として、1877年に聖堂となった。現存する聖堂は1077年に建造されたものである。かつてローマ軍の士官であった聖オーバンはキリスト教に改宗して、304年にハートフォードシャーの町(現セントオーバンズ)で布教活動を行った。同寺院は国鉄セントオーバンズ駅からおよそ500mの場所にある。セントオーバンズは、この大聖堂やローマ統治時代の遺跡などがあるため、多くの人々が集まる観光地となっている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android