士官(読み)シカン

百科事典マイペディアの解説

士官【しかん】

軍隊の幹部で,将校と同義語。近代の各国軍隊では,一般的に,士官は専門の養成学校を経て任官し,特別の場合のほかはその分限を失わず終身その官を保有する。ふつう少尉より大将まで(日本の自衛隊では三尉より将までに当たる)の階級に分けられ,准士官を設けることもある。→自衛官
→関連項目陸軍士官学校

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しかん【士官】

軍隊で、佐官・尉官の総称。
高級船員の通称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

士官
しかん

一般には兵を指揮する軍隊の軍幹部をさすが、旧日本陸軍では大・中・少尉の総称として用いられた。また、兵科将校を尉官、将官相当官を士官と区別して呼称したが、1937年(昭和12)2月以降、士官の呼称が廃止され、尉官に統一された。海軍では1920年4月以降、士官は将官、佐官、尉官を総称して用いられ、特務大・中・少尉を特務士官、予備将校を予備士官、予備特務少尉を予備特務士官と呼称した。[纐纈 厚]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐かん ‥クヮン【士官】

〘名〙
① 兵の指揮をとる武官の通称。
※航米日録(1860)一「士官其外水夫に至る迄、各当直ありて」
② 旧陸軍で、大・中・少尉および同相当官の総称。旧海軍では、将官、佐官、尉官および同相当官の総称。
※近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉九「日本の士官(シクヮン)たる者刀を佩(おび)て外国人の居留地に入る事を禁じ」
③ 船員のうち、船長・航海士・機関長・機関士・船舶通信士などの上級船員の通称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

士官の関連情報