コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントジョセフパリッシュ教会 セントジョセフパリッシュきょうかい

1件 の用語解説(セントジョセフパリッシュ教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

セントジョセフパリッシュきょうかい【セントジョセフパリッシュ教会】

フィリピンの首都マニラ近郊のラスピニャスにある石造の教会。世界最古で、現存する唯一の竹製のパイプオルガンがある教会として知られている。このパイプオルガンは、およそ200年前、スペイン人の修道僧ディエゴセラが乾燥しきった竹筒だけを利用して8年の歳月を費して製作した。◇通称は「セントジョセフ教会」、あるいは「バンブーオルガン教会」。旧称は「ラスピニャス教会」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セントジョセフパリッシュ教会の関連キーワードルソン島ケソンシティ比国比律賓フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲大マニラドール・フィリピン産パパイヤの日フィリピン毛頭虫感染

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone