コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントジョセフパリッシュ教会 セントジョセフパリッシュきょうかい

1件 の用語解説(セントジョセフパリッシュ教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

セントジョセフパリッシュきょうかい【セントジョセフパリッシュ教会】

フィリピンの首都マニラ近郊のラスピニャスにある石造の教会。世界最古で、現存する唯一の竹製のパイプオルガンがある教会として知られている。このパイプオルガンは、およそ200年前、スペイン人の修道僧ディエゴセラが乾燥しきった竹筒だけを利用して8年の歳月を費して製作した。◇通称は「セントジョセフ教会」、あるいは「バンブーオルガン教会」。旧称は「ラスピニャス教会」。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone