コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントリーノ セントリーノ Centrino

4件 の用語解説(セントリーノの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

セントリーノ(Centrino)

米国インテル社がノートパソコン向けに提供するプラットホームCPUチップセット無線LANチップを組み合わせたもの。第1世代は2003年に発表された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パソコンで困ったときに開く本の解説

セントリーノ

⇨Centrino

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

セントリーノ【Centrino】

2003年にインテルが発表したノートパソコン向けプラットフォームブランド名。低消費電力CPUチップセット、および無線LAN製品を組み合わせたもの。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セントリーノ
せんとりーの
Centrino

半導体メーカーのインテル社が開発したノートパソコン向けプラットフォームコンピュータの基礎となる部分)のブランド名。CPU中央処理装置)、チップセット、無線LANモジュール等から構成される。2003年に第1世代、2005年に第2世代、2006年に第3世代、2007年に第4世代が発表された。
 第4世代のセントリーノでは、デュアルコアプロセッサの採用、最大4メガビットの2次キャッシュ容量、CPUとチップセットを結ぶFSB(フロントサイドバスFront Side Busの略)の動作周波数を800メガヘルツとするなどの高速化がはかられ、同時に前世代より電力消費量も削減された。
 2008年には「Centrino2」のブランド名で、セントリーノの第5世代が発表された。これらのプラットフォームを搭載し「Centrino」、「Centrino2」などのロゴを冠した多くのノートパソコンが、パソコンメーカー各社から発売されている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セントリーノの関連キーワードPCIバスvプロウインテルサブノートパソコンジーオンセントリーノツーセントリーノプロノート型パソコンマックブックマックブックPro

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone