コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センナリスナギンチャク Parazoanthus gracilis

1件 の用語解説(センナリスナギンチャクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

センナリスナギンチャク【Parazoanthus gracilis】

花虫綱スナギンチャク科の腔腸動物(刺胞動物)。本州中部以南に分布し,ヒドロ虫類スダレガヤの体上に付着して生活している。個虫は径3.5mm,高さ5mmの円筒形で,先端には淡紅色の触手が2環列になって34~38本並んでいる。おのおのの個虫は黄褐色の膜状の共肉から生じ,体壁は厚く多くの刺胞をもっている。雌雄異体。共肉内に囊胸類のキンチャクムシが寄生していることがある。【今島 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

センナリスナギンチャクの関連キーワード花虫類腔腸動物刺胞刺胞動物珊瑚六放珊瑚磯巾着砂巾着花巾着柳海鰓

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone