コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センナリスナギンチャク Parazoanthus gracilis

世界大百科事典 第2版の解説

センナリスナギンチャク【Parazoanthus gracilis】

花虫綱スナギンチャク科の腔腸動物(刺胞動物)。本州中部以南に分布し,ヒドロ虫類のスダレガヤの体上に付着して生活している。個虫は径3.5mm,高さ5mmの円筒形で,先端には淡紅色の触手が2環列になって34~38本並んでいる。おのおのの個虫は黄褐色の膜状の共肉から生じ,体壁は厚く多くの刺胞をもっている。雌雄異体。共肉内に囊胸類のキンチャクムシが寄生していることがある。【今島 実】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android