コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センナリスナギンチャク Parazoanthus gracilis

世界大百科事典 第2版の解説

センナリスナギンチャク【Parazoanthus gracilis】

花虫綱スナギンチャク科の腔腸動物(刺胞動物)。本州中部以南に分布し,ヒドロ虫類のスダレガヤの体上に付着して生活している。個虫は径3.5mm,高さ5mmの円筒形で,先端には淡紅色の触手が2環列になって34~38本並んでいる。おのおのの個虫は黄褐色の膜状の共肉から生じ,体壁は厚く多くの刺胞をもっている。雌雄異体。共肉内に囊胸類のキンチャクムシが寄生していることがある。【今島 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android