コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺胞動物 しほうどうぶつ Cnidaria

4件 の用語解説(刺胞動物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刺胞動物
しほうどうぶつ
Cnidaria

刺胞動物門としてまとめられる動物群の総称。クラゲサンゴイソギンチャク類に代表され,7600種あまりが知られている。かつては有櫛動物門 Ctenophora(→有櫛動物)とともに腔腸動物 Coelenterataと呼ばれていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しほう‐どうぶつ〔シハウ‐〕【刺胞動物】

腔腸(こうちょう)動物の別名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しほうどうぶつ【刺胞動物】

動物分類上の門の一。従来の腔腸動物からクシクラゲ類(有櫛ゆうしつ動物)を除いたもの。 → 有櫛動物

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刺胞動物
しほうどうぶつ

腔腸(こうちょう)動物門のうち、クシクラゲ綱を除いたヒドロ虫綱、ハチクラゲ綱、花虫(かちゅう)綱の3綱では、どの種類でも例外なくその体内に刺胞を有しており、そのため動物分類上これら3綱を一括して刺胞動物Cnidariaという1門として扱うことがある。刺胞動物は、この刺胞をもつということのほかに、体が原則的に放射相称を示すこと(クシクラゲ類では二放射相称)、発生途中に一般にプラヌラ幼生の時期をもつこと、などによってクシクラゲ類と区別される。刺胞の有無にどの程度の系統的意義をみいだすべきかについては、古来意見の分かれるところであるが、現在のヨーロッパやアメリカの一般の教科書では、どちらかというと、腔腸動物よりも刺胞動物を門として認めている場合が多い。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の刺胞動物の言及

【腔腸動物】より

…体内が食物を消化する広い胃腔になっているところからこの名がある。また触手や他の部分に有毒な刺胞をもつので刺胞動物Cnidariaとも呼ばれている。かつてはクシクラゲ類が腔腸動物の中に含められていたが,体の構造上から有櫛(ゆうしつ)動物という別門にされた。…

【動物】より

… 動物の化石は先カンブリア時代末期からも発見されているが,それらはきわめて不完全である。しかしカンブリア紀になると,原生動物の有孔虫や放散虫,海綿動物のフツウカイメン(普通海綿),腔腸動物(刺胞動物)のクラゲ,棘皮(きよくひ)動物のウミユリ,星口(ほしくち)動物,軟体動物,環形動物の多毛類,節足動物の三葉虫,鋏角(きようかく)類および甲殻類など,形態的にはっきり異なった門が突然現れるので,各門の間の系統的な関係を化石をたどって確かめることはほとんど不可能である。したがって門の間の系統関係(図)は,形態や発生から推定するほかない。…

※「刺胞動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

刺胞動物の関連キーワード後生動物節足動物亜門ジーボルト動物界半索動物物分り炭水化物分解試験植物分布生物分布学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

刺胞動物の関連情報