ゼムリャ・フランツァ・イオシファ(読み)ぜむりゃふらんつぁいおしふぁ(英語表記)Земля Франца‐ИосифаZemlya Frantsa-Iosifa

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゼムリャ・フランツァ・イオシファ
ぜむりゃふらんつぁいおしふぁ
Земля Франца‐Иосифа Zemlya Frantsa-Iosifa

ロシア連邦北西部、北極海にある群島。アルハンゲリスク州に所属する。英語名フランツ・ヨーゼフ・ランドFranz Josef Land。東半球では最北部にある陸地で、191の島からなる。おもな島はアレクサンドラAleksandra島、ジョージGeorge島、ビリチェカVil'cheka島、グラハム・ベルGraham Bell島。総面積約1万6000平方キロメートル、最高点の標高620メートル。典型的な極地気候で、年平均気温は零下12℃(ルドルフ島)、最低気温は零下52℃を記録した。地表の90%が氷河で覆われる。植生は乏しく、わずかにコケ類が生育する。1873年オーストリア・ハンガリー帝国の探検隊が発見、時の皇帝名を群島の名称とした。1926年にソ連が領有を宣言。1991年ソ連解体後はロシア連邦領。ヘイサ島にロシア科学アカデミーの地球物理学観測所がある。[小宮山武治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android