ソアニエ(英語表記)Soignies

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソアニエ
Soignies

オランダ語ではズィニック Zinnik。ベルギー南部,エノー州の都市。ブリュッセル南西約 35kmに位置する。ローマ時代に砦がおかれた地点に7世紀頃建設された。市の中心をなすかつての修道院聖堂 (10~13世紀) は,ベルギーで最も保存のよいロマネスク建築物として知られる。公園となっている古い墓地にあるロマネスク様式の礼拝堂は,現在,考古学および碑文の博物館となっている。付近には石灰石採掘場が多い。人口2万 3793 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android