コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソウシジュ(相思樹) ソウシジュAcacia confusa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソウシジュ(相思樹)
ソウシジュ
Acacia confusa

マメ科の常緑高木。フィリピン原産で,中国,台湾をはじめ熱帯各地で街路樹として栽植されている。高さ 15m,直径 80cmに達する。葉は互生し,表裏の区別はなく,濃緑色で長さ9~12cm,幅1~1.5cmほどで鎌形に湾曲している。春に,黄色で球状の頭花を多数腋生する。頭花を形成する個々の花は非常に小さく,花弁は鱗片状でとがり,多数のおしべ花外に突き出す。この種を単にアカシアと呼ぶこともあるが,アカシア属 Acaciaは熱帯地方に数百種もある大きな属である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android