コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソモサ家 ソモサけ

世界大百科事典 第2版の解説

ソモサけ【ソモサ家】

ニカラグアの政・財界で勢力をふるった一家。ソモサAnastasio Somoza García(1896‐1956)は,豊かな農園主の家に生まれ,政治家として軍隊を掌握して,1936年にクーデタを起こし,ソモサ家の長期独裁の基礎を築いた。47年には大統領を辞任したが,事実上の独裁者として同国に君臨し,巨額の富を築き上げた。56年に暗殺される。その息子のソモサLuis Somoza Debayle(1922‐67)は,57年に大統領となり,63年に退任したあとも,ソモサ家の友人を次々に大統領につけ,ニカラグアの実質的な政治的・経済的支配を継続した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のソモサ家の言及

【ニカラグア】より

… この間,アメリカ軍に訓練された国家警備隊の司令官アナスタシオ・ソモサ将軍(彼は1934年にサンディーノを暗殺させている)が実力をつけ,37年に自由・保守両党の支持を取りつけて大統領に就任した。これ以降,79年まで,ニカラグアは実質的にソモサ家が支配することになる。アナスタシオ(〈タチョ〉と呼ばれた)は1947年から51年まで大統領の座を離れたが,政権を裏で操作し,51年には再度大統領に返り咲き,56年さらに再選を目ざすさなかに暗殺された。…

※「ソモサ家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソモサ家の関連キーワードアナスタジオ ソモサ・ガルシアニカラグア

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android