コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソルターニーイェ Soltānīye

デジタル大辞泉の解説

ソルターニーイェ(Soltānīye)

イラン北西部、ザンザーン州東部にある都市遺跡。イル‐ハン国第8代君主オルジェイトゥによって建設され、首都が置かれた。14世紀初頭に築かれたオルジェイトゥの霊廟(れいびょう)には、内部を青いタイルで装飾された高さ約50メートルのドームと8本の尖塔があり、その後のイスラム建築に多大な影響を与えたことで知られる。2005年に世界遺産(文化遺産)に登録された。ソルターニーエ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ソルターニーイェの関連キーワードザンジャーン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android