コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソークマン socman(sokeman); sochemannus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソークマン
socman(sokeman); sochemannus

イギリス中世の農民諸階層のうちで,自由民 liber homoに次ぐ身分の階層。 1086年作成の「ドゥームズデイ・ブック」によれば,当時の農民は,自由民,ソークマン,農奴 villanus (ビレン ) ,小屋住み農 cotarius (コターズ ) ,零細農 bordarius,奴隷 servusの6階層に区別され,ソークマンは全体の約8%を占めた。一般に身分的には自由であるが,領主の裁判に服さなければならなかった。 12~13世紀にかけて次第に消滅。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android