コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソームナート寺院 ソームナートじいんSomnāth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソームナート寺院
ソームナートじいん
Somnāth

インドの西部,カティアワール半島南岸,ソームナートのシバを祭った寺院。ソームナートは古来,港としても知られたが,今日では港はその西のベラーバルに移った。 1025年,ガズニー朝マフムードによって寺院は破壊され,おびただしい財宝は略奪された。 1169年寺院は再建されたが,13世紀後半イスラム教徒の軍隊によって破壊され,現在の寺院は 1950年に再建されたものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android