古来(読み)こらい

精選版 日本国語大辞典の解説

こ‐らい【古来】

〘名〙 昔から今に至るまで。また、昔から今に至るまで伝わっていること。副詞的にも用いる。
※凌雲集(814)遠使辺城〈小野岑守〉「王事古来称盬、長途馬上歳云闌」
※楚囚之詩(1889)〈北村透谷〉序「遂には狭隘なる古来の詩歌を進歩せしめて」 〔杜甫‐古柏行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐らい【古来】

昔から今まで。古くから。副詞的にも用いる。「古来の伝統」「人生七十古来稀なり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android