古来(読み)こらい

精選版 日本国語大辞典「古来」の解説

こ‐らい【古来】

〘名〙 から今に至るまで。また、昔から今に至るまで伝わっていること。副詞的にも用いる。
※凌雲集(814)遠使辺城〈小野岑守〉「王事来称盬、長途馬上歳云闌」
※楚囚之詩(1889)〈北村透谷〉序「遂には狭隘なる古来の詩歌を進歩せしめて」 〔杜甫‐古柏行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「古来」の解説

こ‐らい【古来】

昔から今まで。古くから。副詞的にも用いる。「古来の伝統」「人生七十古来稀なり」
[類語]過去以前かつ在りし日往年往時往日旧時昔日せきじつ昔時せきじ昔年せきねん往昔おうせき往古古昔こせきいにしえ古くそのかみ当時前前かねてかねがね何時か既往これまで従来従前し方先年当年一時一頃その節先に当時あらかじめ前以て年来旧来在来その昔太古千古大昔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android