コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーラー・セイル そーらーせいるsolar sail

知恵蔵の解説

ソーラー・セイル

太陽の光を巨大な帆で反射しながら、宇宙を航行する方式の宇宙推進。現在使われている固体燃料や液体燃料のいわゆる「化学燃料」を使わない新方式の推進方法として、20世紀初めから提案されており、1980年代のハレー彗星へのソーラー・セイル計画(NASA・JPL)や90年代の国際的な月ヨット・レースなど、実現できなかったが注目を集めたことがある。近年、帆の材料開発が進み、惑星探査の航行手段として脚光を浴びつつある。2001年4月には、日本の宇宙科学研究所(当時)で、ソーラー・セイルのワーキング・グループが発足し、04年8月には小型ロケットから直径10mの薄膜帆を、さらに06年2月にも他の方法によって薄膜帆を展開することに成功した。ソーラー・セイルで木星以遠へ行くミッションも検討している。

(的川泰宣 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android