コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーラー・セイル そーらーせいる solar sail

1件 の用語解説(ソーラー・セイルの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ソーラー・セイル

太陽の光を巨大な帆で反射しながら、宇宙を航行する方式の宇宙推進。現在使われている固体燃料液体燃料のいわゆる「化学燃料」を使わない新方式の推進方法として、20世紀初めから提案されており、1980年代のハレー彗星へのソーラー・セイル計画(NASAJPL)や90年代の国際的な月ヨット・レースなど、実現できなかったが注目を集めたことがある。近年、帆の材料開発が進み、惑星探査の航行手段として脚光を浴びつつある。2001年4月には、日本の宇宙科学研究所(当時)で、ソーラー・セイルのワーキンググループが発足し、04年8月には小型ロケットから直径10mの薄膜帆を、さらに06年2月にも他の方法によって薄膜帆を展開することに成功した。ソーラー・セイルで木星以遠へ行くミッションも検討している。

(的川泰宣 宇宙航空研究開発機構宇宙教育センター長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ソーラー・セイルの関連キーワード幻日シーロスタット地動説内合恩光然しながらソーラー天空光在りしながら宇宙花火

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ソーラー・セイルの関連情報