コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

液体燃料 えきたいねんりょう liquid fuel

4件 の用語解説(液体燃料の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

液体燃料
えきたいねんりょう
liquid fuel

燃料に使われる液体。石油系のガソリン,灯油,軽油,重油が特に重要。燃料として内燃機関ボイラ加熱,暖房に用いるほか,溶剤,洗浄剤,農業用殺虫剤として,また繊維工業,印刷,染色などで利用したり,石油化学工業原料,ロケット燃料など利用面が広い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えきたい‐ねんりょう〔‐ネンレウ〕【液体燃料】

常温常圧下で液体の燃料。石油系のガソリン・灯油・軽油重油石炭系のモーターベンゾール人造石油アルコール類、油脂類などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えきたいねんりょう【液体燃料】

常温常圧下で液状の燃料。石油およびその分留成分(重油、軽油、灯油、ガソリンなど)、動植物性油・アルコール類など。ボイラー用・発電機用・家庭暖房用・内燃機関用などに用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

液体燃料
えきたいねんりょう
liquid fuel

常温常圧下で液状の燃料。ほとんどは石油系のものである。石炭などの固体燃料液化天然ガスLNG)、液化石油ガスLPG)、水素などの気体燃料に比べて使い勝手がよい。石油系液体燃料を沸点の低いものから列記すると、航空ガソリン(沸点30~170℃)、自動車用ガソリン(沸点30~200℃)、ジェット燃料(航空タービン燃料油、沸点145~300℃)、灯油(沸点145~300℃)、軽油(沸点170~370℃)、重油(おもに常圧残油)となる。
 航空ガソリンはおもに軽飛行機やヘリコプター用であり、高オクタン価を達成するために加鉛している(テトラエチル鉛を加える)。自動車用ガソリンではアンチノック性を示すオクタン価がもっとも重要となる。レギュラーガソリンおよびプレミアムガソリンのオクタン価はそれぞれ90~91および98~100である。ジェット燃料は灯油と類似のものであるが、これにガソリンと同じ沸点の燃料油を加え沸点範囲を広くしたものもある。灯油はおもに暖房・厨房(ちゅうぼう)用など民生用である。軽油はおもに高速ディーゼルエンジン用燃料として用いられている。重油はボイラー用、窯業炉用、小型船舶ディーゼルエンジン用などの燃料として用いられている。
 石油資源枯渇の対応策の一つとして、石炭、オイルサンド、オイルシェールから石油代替燃料を製造する試みが行われており、一部は実用化されている。しかし、石油以外から製造されている燃料油は量的にはきわめて少ない。天然ガスからはメタノール(メチルアルコール)、ジメチルエーテルだけでなく、ガソリン、灯油、軽油を製造することはできるが、経済性は低い。
 地球温暖化対策として、バイオ燃料(バイオマス由来燃料)の製造については多くの研究が行われており、一部は実用化されている。しかし、原料を糖、デンプンや植物性油脂に求める場合、食糧自給率の低い日本では現実的でない。建築廃材、間伐材や製材所端材から得られるセルロースをエタノール(エチルアルコール)に変換し、ガソリンに混合して用いることはできるが、技術的課題は多い。薪(まき)の時代に比べてはるかに多量の燃料を用いている現在において、石油に伍(ご)する量を製造することは不可能である。[難波征太郎]
『石油学会編『石油精製プロセス』(1998・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の液体燃料の言及

【燃料】より

…(1)燃焼したときの発熱量が大きいこと,(2)着火,消火,運搬,貯蔵などの取扱いが容易であること,(3)安全で無害であること,(4)生産量が多く,安定した供給ができ,安価であること。 燃料は常温・常圧における状態によって,気体燃料,液体燃料,固体燃料に分けられる。また用途によって一般燃料と,ロケット燃料や核燃料のような特殊燃料に分けることもできる。…

※「液体燃料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

液体燃料の関連キーワード揮発油航空燃料石油ベンジンガソリンを入れるガソリン車石油代替燃料バイオガソリンホワイトガソリン加鉛ガソリン北日本石油

液体燃料の関連情報