コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイダル・ボア tidal bore

1件 の用語解説(タイダル・ボアの意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

タイダル・ボア

潮差の大きな海域に、遠浅で入り口ラッパ状に開いているような湾があると、満ち潮に際して潮汐波の先端が切り立った壁の様になり、ボアとして押し寄せる ことがある。このように潮汐によって起こされたボアをタイダル・ボアと言う。中国の銭塘江のボア、ブラジルアマゾン川のボア(ポロロッカと呼ばれる)、 英国のセバーン川のボア等が特に有名である。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
Copyright(C) Marine Information Research Center, Japan Hydrographic Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タイダル・ボアの関連キーワード遠浅出で入りがらっぱち潮差出入り口フラッパー口が酸っぱくなる程七度入り大潮差遠地点潮

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone