コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイダル・ボア tidal bore

1件 の用語解説(タイダル・ボアの意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

タイダル・ボア

潮差の大きな海域に、遠浅で入り口ラッパ状に開いているような湾があると、満ち潮に際して潮汐波の先端が切り立った壁の様になり、ボアとして押し寄せる ことがある。このように潮汐によって起こされたボアをタイダル・ボアと言う。中国の銭塘江のボア、ブラジルアマゾン川のボア(ポロロッカと呼ばれる)、 英国のセバーン川のボア等が特に有名である。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
海の事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone