コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銭塘江 せんとうこう

6件 の用語解説(銭塘江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銭塘江
せんとうこう

「チエンタン (銭塘) 江」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せんとう‐こう〔センタウカウ〕【銭塘江】

中国浙江(せっこう)省を流れる川。仙霞嶺山脈に発し、杭州湾に注ぐ。河口では海嘯(かいしょう)を生じ壮観を呈する。長さ494キロ。浙江。チエンタンチアン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

銭塘江【せんとうこう】

中国,浙江省の川。別名は浙江,漸水。仙霞嶺に発源,北東流して省北西部を貫流し,杭州湾に入る。曲折が多く場所によって名称が変わる。流域は浙江省の大半を占め,米・麦・綿・繭・茶の生産が多い。
→関連項目建徳杭州

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんとうこう【銭塘江 Qián táng jiāng】

中国,浙江省第一の川。浙江,安徽,江西の3省境界地帯に源を発し,北東に流れて杭州湾に注ぐ。とくに下流部はよく曲折しているため浙江ともよばれ,省名もこれに由来する。全長494km,流域面積5万4000km2。主流の中上流部は富春江,桐江,蘭江などと呼ばれ,新安江,浦陽江,金華江などが支流の大きなもの。流域には浙江内陸の主要な都市が集中し,中流部の盆地平野は広い農耕地を提供する。河口部から杭州湾に移行する部分は,以前はもっと広く,北からの長江(揚子江)デルタの伸長と,潮流の変化によって現在のようならっぱ状の形となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せんとうこう【銭塘江】

中国、浙江省の北部を流れる河川。杭州湾に注ぐ。河口付近の海嘯かいしよう現象は有名。長さ410キロメートル。浙江。チエンタン-チアン。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銭塘江
せんとうこう / チエンタンチヤン

中国、浙江(せっこう/チョーチヤン)省を流れる大河。浙江ともよばれ浙江省の名の起源となっているが、これは屈曲が多いためといわれる。全長494キロメートル、流域面積5万4349平方キロメートル。上流の常山港は浙江・安徽(あんき/アンホイ)・江西(こうせい/チヤンシー)3省の境界にある青芝(せいしれいせん)に源を発し、衢州(くしゅう/チュイチョウ)市の西で江山港と合流して信安江となる。その後、東流して、蘭渓(らんけい/ランシー)県付近で金華江をあわせて蘭江となり、建徳(けんとく/チエントー)県で新安江(しんあんこう/シンアンチヤン)と合流して桐廬(とうろ)に至るまでを桐江と称する。さらに桐廬から蕭山(しょうざん)県聞堰(ぶんえん)までの間を富春江(ふしゅんこう/フーシュンチヤン)とよび、聞堰から杭州(こうしゅう/ハンチョウ)市閘口(こうこう)までは河道が「之」の字のように曲折しているところから之江(しこう)という。銭塘江とよばれるのは閘口から下流で、三角江をなし杭州湾に注ぐ。河口が三角江で潮の干満の差が著しく、大潮の際には海水が逆流して壮観を呈し、「銭塘潮」として有名である。本流は流れが速いため、小汽船は建徳県より下流にしか通じないが、増水時には蘭渓まで遡航(そこう)できる。上流部の諸河川は短い急流で谷は深く刻まれ、峡谷や浅瀬が多いが、包蔵水力が豊富で、解放後、新安江、富春江、黄壇口(こうだんこう)などに水力発電所が建設され、とくに新安江水力発電所は65万2000キロワットの出力でもっとも規模が大きい。[林 和生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の銭塘江の言及

【浙江[省]】より


【形勢と位置】

[地勢]
 中国華中南東部の省。浙と簡称する。面積約10.2万km2。人口4343万(1996)。省域の80%は山地で,平地は北部の杭州湾沿岸(浙北平野)と,銭塘江の中流部に開ける盆地(金衢盆地)が大きなもので,あとは銭塘江の支流や,霊江,甌江などの河川が山地中につくる小盆地や,海岸の湾奥に形成される小平野である。山地は,銭塘江より西に天目山地があり,安徽省との境をなす。東には会稽山,天台山,仙霞嶺,括蒼山,雁蕩山などが南西より北東に走り,福建との境をなす。…

※「銭塘江」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

銭塘江の関連キーワード浙江省戴進天目山華中浙江野夫上饒華東楊簡両浙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone