コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイムズ・オブ・インディア Times of India

世界大百科事典 第2版の解説

タイムズ・オブ・インディア【Times of India】

インドの代表的英字日刊紙の一つ。《ボンベイ・テレグラフ・アンド・クーリエ》紙と《ボンベイ・タイムズ・アンド・スタンダード》紙が1861年に合併してこの名となる。もともとイギリス資本によるものであったが,インド独立の前後に発行元のベネット・コールマン社がインド資本のサーフー・ジャイン財閥によって買収された。ボンベイを本拠とし同地の実業界と関係が深い。1950年代末の発行部数はボンベイ版とデリー版を合わせて13万部であったが,80年代初めには40万部前後となり,このほか新たにアフマダーバード版,ラクナウ版も発行されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タイムズ・オブ・インディアの関連キーワードフランシス・R. モラエスマニラ・タイムズR. ダルミアダルミア

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイムズ・オブ・インディアの関連情報