コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タイワンカモシカ タイワンカモシカ Capricornis swinhoei; Formosan serow

2件 の用語解説(タイワンカモシカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイワンカモシカ
タイワンカモシカ
Capricornis swinhoei; Formosan serow

偶蹄目ウシ科。体長 85cm内外。台湾の山岳地帯に分布する。カモシカに比べて小さい。カモシカの亜種であるとする考えも有力。国際保護動物に指定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タイワンカモシカ
たいわんかもしか / 台湾氈鹿
Formosan serow
[学]Capricornis swinhoei

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。台湾の山岳地帯にすむ。頭胴長70~80センチメートル、肩高50~60センチメートル、ニホンカモシカより小さく被毛が短い。本種をニホンカモシカの亜種とする学者もある。[北原正宣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のタイワンカモシカの言及

【カモシカ】より

…シーローとも呼ばれる。ニホンカモシカC.crispus(イラスト),タテガミカモシカ(スマトラカモシカ,シーロー)C.sumatrensis,タイワンカモシカC.swinhoeiの3種がある。ふつう標高600~3000mの森ややぶのある山の斜面や岩場にすむ。…

※「タイワンカモシカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タイワンカモシカの関連キーワードクーズーバイソンブラックバックマーコールムフロンアノアガウアウシ(牛)ヤギュウ(野牛)グリスボック

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone