タイワンキンギョ(英語表記)Macropodus opercularis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タイワンキンギョ
Macropodus opercularis

スズキ目オスプロネムス科の淡水魚。体長 7cm。体は長楕円形で,側扁する。背鰭と尻鰭の後端は長く延長している。尾鰭は深く二叉する。体は橙色を帯び,青緑色の横帯がある。沖縄本島,中国南部,台湾,東南アジアに分布する。(→闘魚

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイワンキンギョの関連情報