コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾鰭 オヒレ

デジタル大辞泉の解説

お‐ひれ〔を‐〕【尾×鰭】

魚の尾とひれ。おびれ。
本体以外につけ加わった余分なもの。「話に尾鰭がつく」

お‐びれ〔を‐〕【尾×鰭】

《「おひれ」とも》魚類の体の後端にあるひれ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おひれ【尾鰭】

魚の尾と鰭。
(事実や本体に)付け加えられるもの。
[句項目]

おびれ【尾鰭】

〔「おひれ」とも〕
魚類や円口類などの体の後端にある鰭。急進する時や方向転換などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

尾鰭の関連キーワードイレズミコンニャクアジグリーンソードテールリュウキン(琉金)テツギョ(鉄魚)イクチオサウルスタイワンキンギョウミヘビ(魚類)ヨロイイタチウオアカヒレタビラ尾に尾をつけるダイナンギンポイソスズメダイテングギンザメ烏帽子を着せるタカノハダイカラフトマスシロサバフグコンゴテトライトヨリダイナガヅエエソ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android