尾鰭(読み)おひれ

精選版 日本国語大辞典「尾鰭」の解説

お‐ひれ を‥【尾鰭】

〘名〙
① さかなの尾とひれ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※老嬢(1903)〈島崎藤村〉三「赤の御飯・尾鰭のついたもの、わざとの祝した七夜の翌朝」
② 本体となるものに付帯している部分。特に、話題に付け加えられる事柄。おまけ。→尾鰭が付く尾鰭を付ける
③ よく体裁の整った、立派な外貌。威光。貫祿。
※狂歌・狂歌机の塵(1735)「鱗の生るを放つ一周忌我歌くずに尾鰭(ヒレ)なくとも」
④ (「おびれ」とも) 魚類および一部の水棲脊椎動物の正中鰭の一つ。からだの後端にあり、ふつう上下同形である。舵(かじ)の役目をする。〔生物学語彙(1884)〕
※唱歌・鯉のぼり(文部省唱歌)(1913)「ゆたかに振ふ尾鰭(ヲヒレ)には、物に動ぜぬ姿あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「尾鰭」の解説

お‐びれ〔を‐〕【尾×鰭】

《「おひれ」とも》魚類の体の後端にあるひれ。

お‐ひれ〔を‐〕【尾×鰭】

魚の尾とひれ。おびれ。
本体以外につけ加わった余分なもの。「話に尾鰭がつく」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android