尾鰭(読み)オヒレ

デジタル大辞泉の解説

お‐ひれ〔を‐〕【尾×鰭】

魚の尾とひれ。おびれ。
本体以外につけ加わった余分なもの。「話に尾鰭がつく」

お‐びれ〔を‐〕【尾×鰭】

《「おひれ」とも》魚類の体の後端にあるひれ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おひれ【尾鰭】

魚の尾と鰭。
(事実や本体に)付け加えられるもの。
[句項目] 尾鰭を付ける

おびれ【尾鰭】

〔「おひれ」とも〕
魚類や円口類などの体の後端にある鰭。急進する時や方向転換などに用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐ひれ を‥【尾鰭】

〘名〙
① さかなの尾とひれ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※老嬢(1903)〈島崎藤村〉三「赤の御飯・尾のついたもの、わざとの祝した七夜の翌朝」
② 本体となるものに付帯している部分。特に、話題に付け加えられる事柄。おまけ。→尾鰭が付く尾鰭を付ける
③ よく体裁の整った、立派な外貌。威光。貫祿。
※狂歌・狂歌机の塵(1735)「鱗の生るを放つ一周忌我歌くずに尾鰭(ヒレ)なくとも」
④ (「おびれ」とも) 魚類および一部の水棲脊椎動物の正中鰭の一つ。からだの後端にあり、ふつう上下同形である。舵(かじ)の役目をする。〔生物学語彙(1884)〕
※唱歌・鯉のぼり(文部省唱歌)(1913)「ゆたかに振ふ尾鰭(ヲヒレ)には、物に動ぜぬ姿あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android