コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウィタウィ州 タウィタウィTawitawi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウィタウィ〔州〕
タウィタウィ
Tawitawi

フィリピン南西部,スル諸島の南西部を占める州。タウィタウィ島と周辺の小島から成る。漁業が主産業で,農業はごく小規模である。 1973年スル州から分離した。面積 1087km2。人口 24万 4759 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タウィタウィ州の関連キーワードモロ(フィリピンのイスラム教徒)モロ民族解放戦線

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android