コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タウヌス山地 タウヌスさんちTaunus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タウヌス山地
タウヌスさんち
Taunus

ドイツ中部,ヘッセン,ラインラントファルツ両州にまたがる山地。ライン川の東,マイン川の北,ラーン川の南に位置する。長さ約 75km,平均標高約 400m。ライン=マイン低地へ急傾斜。山地東部は最高点 879mで,自然公園となっている。ブドウ,クリ,アーモンドなどの栽培が行われ,ライン峡谷付近ではワインを産する。周辺部には多くの温泉,鉱泉が湧出し,バートナウハイム,バートホンブルク,ウィースバーデンなどの温泉保養地がある。ライン川左岸のフンスリュック山地との間に美しい峡谷を形成,有名なローレライの岩壁をみせている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タウヌス山地の関連キーワードライニッシェスシーファーゲビルゲフランクフルト・アム・マインバート・ホンブルクリューデスハイムホンブルク帽ヘッセン州ドイツ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android