コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッシリナジェール遺跡 タッシリナジェールいせきTassili-n-Ajjer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タッシリナジェール遺跡
タッシリナジェールいせき
Tassili-n-Ajjer

アフリカ北部サハラ砂漠に点在する原始絵画遺跡。 1956年フランスの H.ロートらによって調査された。時期については,中石器時代以後と考えられる。動物や人間が描かれているが,時期により主題となる動物が,野生動物,次いでウシ,最後にラクダへと変化する。狩猟社会から牧畜社会になり,サハラの乾燥化に伴いラクダを飼育するようになったが,ついにこの付近は居住不能となり放棄されたことを示している。遺跡周辺は貴重な生態系を保存するため,1982年世界遺産の自然,文化の複合遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タッシリナジェール遺跡の関連キーワードアッジェル高原

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android