コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タトヌマン tâtonnement(仏)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タトヌマン
tâtonnement(仏)

模索過程。競争市場の下で価格メカニズムが働き,市場均衡に至るという調整プロセスを M.E.L.ワルラスが,模索する過程に例えたもの。タトヌマンが市場均衡をもたらすとするのが一般均衡理論の基本的考え方であるが,経済には相互依存関係などが存在するため,経済的に意味のある市場均衡が達成されるかどうかは必ずしも自明のことではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

タトヌマン【tâtonnement】

市場で均衡に達するまでの試行錯誤的なプロセス。模索過程。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

タトヌマンの関連キーワード模索過程

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android