コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般均衡理論 いっぱんきんこうりろん general equilibrium theory

4件 の用語解説(一般均衡理論の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

一般均衡理論

ワルラスによって唱えられ、変動する現実をある一時点でせき止め、与件を固定化し、競争を徹底的に行うと、社会全体がこれ以上変化しない均衡状態に至るとした理論。ワルラスは、需要も、供給も、あらゆる財の価格に依存するとして、相互依存の関係を関数関係で表し、財の数だけの需要方程式、供給方程式、そして需給均衡の式を連立させた。こうしたワルラスの考えは、経済の相互依存の関係をとらえたものとされているが、それを一般的均衡関係としてとらえるところに1つのイデオロギーを隠し持っているともいえる。彼が提唱した完全競争の市場は、経済のどこで変化があっても、コストをかけることなしに全体に波及する完全流動的市場であり、人々が財についての正確な知識を持ち、全体の需給が一致して初めて取引が行われる株式取引所のような市場である。

(荒川章義 九州大学助教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐きんこうりろん〔‐キンカウリロン〕【一般均衡理論】

関連するすべての市場における需給の同時的な均衡の成立や条件を数学的に分析しようとする理論。フランスワルラスによって創始され、ローザンヌ学派によって展開された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いっぱんきんこうりろん【一般均衡理論 general equilibrium theory】

市場経済において,さまざまな資源はどのようにして各財の生産のために用いられ,それがどのように消費者間に配分されるかという経済学の基本問題に対して,経済体系の相互依存を考慮した一つの基本的解答を与えるものが一般均衡理論である。この問題を分析するための自然な方法は,価格機構が最も理想的に機能する完全競争市場の場合を想定してみることである。一般均衡理論の創設者L.ワルラス以下多くの経済学者が設定したのも,まさにその場合である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いっぱんきんこうりろん【一般均衡理論】

経済を互いに依存関係にある市場の集まりとして捉え、それらの市場の一般均衡の状態を分析する理論。市場機構の解明に焦点がおかれる。ワルラスによって創始された。 → 部分均衡理論

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の一般均衡理論の言及

【市場均衡】より

…その最も簡潔な場合を理論化した部分均衡理論は,一つの財だけをとり出し,その市場に直接関係ない諸条件を所与として,均衡を論ずるものである。これに対して一般均衡理論は,人々の嗜好,生産技術,資源の量,法・経済制度等を外的条件として一定とするが,さまざまな財の市場の相互依存関係を考慮して社会全体の経済量の均衡について説明するものである。以下では,それらの理論の内容と関連について多少詳しい説明を加えよう。…

【新古典派経済学】より

… 今日の新古典派経済学は,学説史的には1870年代にイギリスのW.S.ジェボンズ,オーストリアのC.メンガー,フランスのL.ワルラスによって始められた限界革命と,ローザンヌ大学でワルラスのあとを継いだV.パレートに始まる規範的経済学を基礎としている。このうちとくにJ.A.シュンペーターによって,最も偉大な経済学者として科学史におけるニュートンになぞらえられたのは,一般均衡理論の創始者ワルラスであった。ワルラスの貢献は限界効用概念を導入しただけでなく,社会の経済循環を初めて,すべての生産物と生産要素の市場において,それぞれの財の価格を媒介として需要供給の均衡が成立する一般均衡体系としてとらえる見方を確立したことである。…

【ワルラス】より

…その経済学体系は,交換価値と交換の理論,ないし抽象的に考えられた社会的富の理論である純粋経済学,社会的富の経済的生産の理論ないし分業を基礎とする産業組織の理論である応用経済学,そして所有権の理論であり社会的富の分配の科学である社会経済学からなり,それぞれその著作《純粋経済学要論》(1874‐77),《応用経済学研究》(1898),《社会経済学研究》(1896)に対応する。しかし,経済学史上最も重要なのはその純粋経済学であり,経済の諸部門間の相互依存関係を強調した一般均衡理論を展開し,現代のミクロ経済学の基礎をきずいた。ワルラスはまず生産を捨象した純粋の交換の一般均衡を限界効用理論にもとづき考察し,次に生産を導入して生産要素の市場と消費財の市場の均衡からなる生産の一般均衡に進み,限界生産力説を検討する。…

※「一般均衡理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

一般均衡理論の関連キーワードレイヨニズム古義学乱婚国家主権説個人内変動個人内変動係数プロエラスターゼ為替心理説(Psychological Theory of Exchange)価格変動リスクサターンリターン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一般均衡理論の関連情報