コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タブリヌム タブリヌムtablinum

1件 の用語解説(タブリヌムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タブリヌム
タブリヌム
tablinum

建築用語。書字板のある部屋の意味。古代ギリシアローマ住宅建築で出入口がアトリウムまたは中庭に面した部屋で文書室,事務室として用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のタブリヌムの言及

【住居】より

…アトリウムは周囲を屋根に囲まれた小型の中庭で,中央に雨水を受ける浅い池が設けられる。アトリウムの正面奥にはタブリヌムtabulinum,tablinumという部屋が設けられるが,家長の寝室であったものが家族の文書類(タブラtabula)を収める部屋となったものである。また寝室(クビクルムcubiculum)その他がアトリウムを囲んでいる。…

【ローマ美術】より

…これらはいずれもエトルリアの神殿にみられた特徴である。ローマの住宅は玄関(ウェスティブルムvestibulum)をはいると広間(アトリウム)があり,正面には主人のための主室(タブリヌムtabulinum,tablinum),左右には個室(クビクルムcubiculum)がならんでいる。食堂(トリクリニウムtriculinium)は主室の並びに設けられる。…

※「タブリヌム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone