住宅建築(読み)じゅうたくけんちく(英語表記)Residential architecture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

住宅建築
じゅうたくけんちく
Residential architecture

人間が居住する家屋建築をいう。その地域の自然および歴史,伝統によりさまざまな形態をとる。原初の時代にあっては自然の過酷な状況から身を守るということに最大の目的があったが,文化発展につれて家族の生活,来客接待などの機能をもち,それに対応する空間を内包するようになった。また,都市の高密度化に伴って,一戸建物複数の家族が入居することが行われるようになるが,特に 19世紀,産業革命後の人口の都市への集中とともに,そうした建物を群として建設する集合住宅が大きな課題となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

住宅建築の関連情報