コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラカン[島] タラカン

百科事典マイペディアの解説

タラカン[島]【タラカン】

インドネシア領カリマンタン(ボルネオ島)北東沿岸にある小島。19世紀末にこの地域で豊富な油田が発見され,オランダによって大規模な採掘が行われ,第2次大戦中は日本軍の石油補給地であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タラカン[島]【Pulau Tarakan】

インドネシア,ボルネオ島北東岸に位置する島。セサヤプ河口にあり,面積384km2。中心地は南部のタラカン。丘陵性で島の最高点は90mにすぎないが,石油産地として世界的に知られる。油田採掘は19世紀末からイギリス,オランダ系会社の手で始められ,現在はインドネシア国営である。ここの石油は重油分が多く,船舶用に適している。積出しの設備が整い,空港も建設されている。【別技 篤彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android