コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラカン[島] タラカン

2件 の用語解説(タラカン[島]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

タラカン[島]【タラカン】

インドネシア領カリマンタンボルネオ島)北東沿岸にある小島。19世紀末にこの地域で豊富な油田が発見され,オランダによって大規模な採掘が行われ,第2次大戦中は日本軍の石油補給地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

タラカン[島]【Pulau Tarakan】

インドネシア,ボルネオ島北東岸に位置する島。セサヤプ河口にあり,面積384km2。中心地は南部のタラカン。丘陵性で島の最高点は90mにすぎないが,石油産地として世界的に知られる。油田採掘は19世紀末からイギリス,オランダ系会社の手で始められ,現在はインドネシア国営である。ここの石油は重油分が多く,船舶用に適している。積出しの設備が整い,空港も建設されている。【別技 篤彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タラカン[島]の関連キーワードインドネシア語インドネシア語派カリマンタンサンダカンバリクパパンフィリピン海溝ボルネオ島サラワク馬来西亜ガルーダ・インドネシア航空機事故

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone