コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルー Thāru

1件 の用語解説(タルーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タルー【Thāru】

ネパール南部一帯から北インドのウッタル・プラデーシュ州のアルモーラ山地南麓にわたるタライ平原の原住民。人口約50万(1971)で,そのほとんどはネパール領内に住む。人種はいわゆるモンゴロイドとする説が強い。言語は固有のものがあったといわれるが,今ではそれぞれの居住地の周辺の人々と同じ北インド系の言葉を話す。彼らはタライおよびチューレ山脈の北の低地である内部タライの森林の周辺に,草ぶき平屋建ての家々から成る集村を営み,米,小麦,サトウキビなどを栽培し,牛などの家畜を飼い,最近まで焼畑も行っていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タルーの関連キーワードインパールカトマンズターラネパールネパール語グルカ扶南メタルウッド東インドネパールと中印

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タルーの関連情報