タンネンベルクの戦(読み)タンネンベルクのたたかい

百科事典マイペディア「タンネンベルクの戦」の解説

タンネンベルクの戦【タンネンベルクのたたかい】

第1次大戦初期の1914年8月,東プロイセンタンネンベルク付近で行われた戦い。ヒンデンブルクルーデンドルフ指揮下のドイツ軍がサムソノフ指揮のロシア軍を包囲・全滅させ,東プロイセンを奪回。包囲戦術の模範とされる。
→関連項目第1次世界大戦

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android