模範(読み)モハン

デジタル大辞泉の解説

も‐はん【模範】

《「模」は木型、「」は竹で作った型》
見習うべき手本。のり。「模範を示す」
器物などを作るときに用いるもととなる型。
「黏土の乾かざる内に、―を著(つ)くるものにして」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

も‐はん【模範】

〘名〙 (「模」は木製の、「範」は竹製の器を作る型)
① 同型の器物や模様を作るときに用いる、そのもととなる型。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉三「黏土の乾かざる内に、模範(〈注〉カタ)を著るものにして」
② 見ならうべき手本。のり。規範。
※貴嶺問答(1185‐90頃)一〇月三日「為皇王摸範者也」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉二「生徒の模範になれの、一校の師表と仰がれなくては行かんの」 〔揚子法言‐一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android