模範(読み)モハン

デジタル大辞泉の解説

も‐はん【模範】

《「模」は木型、「」は竹で作った型》
見習うべき手本。のり。「模範を示す」
器物などを作るときに用いるもととなる型。
「黏土の乾かざる内に、―を著(つ)くるものにして」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もはん【模範】

〔「模」は木製の、「範」は竹製の、器をつくる型〕
見習うべきもの。手本。 「下級生の-となる」 「先生がまず-を示す」 「 -解答」 → 規範(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

模範の関連情報