模範(読み)もはん

精選版 日本国語大辞典「模範」の解説

も‐はん【模範】

〘名〙 (「模」は木製の、「」は竹製の器を作る型)
① 同型の器物や模様を作るときに用いる、そのもととなる型。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉三「黏土の乾かざる内に、模範(〈注〉カタ)を著るものにして」
② 見ならうべき手本。のり。規範
※貴嶺問答(1185‐90頃)一〇月三日「為皇王摸範者也」
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉二「生徒の模範になれの、一校の師表と仰がれなくては行かんの」 〔揚子法言‐一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「模範」の解説

も‐はん【模範】

《「模」は木型、「範」は竹で作った型》
見習うべき手本。のり。「模範を示す」
器物などを作るときに用いるもととなる型。
「黏土の乾かざる内に、―をくるものにして」〈中村訳・西国立志編
[類語]手本規範モデル典型亀鑑規矩見本かがみ範例標本サンプルひな型書式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「模範」の解説

【模範】もはん

かた。手本。・王逸〔楚辞章句の孔丘りし後より以來、名儒の士、詞賦するに、其の儀表に擬則し、其の範に式せざる(な)し。其のを取り、其のを竊(ぬす)む。

字通「模」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android