包囲(読み)ほうい

精選版 日本国語大辞典「包囲」の解説

ほう‐い ハウヰ【包囲】

〘名〙 四方からとりまくこと。つつみかこむこと。
※具氏博物学(1876‐77)〈須川賢久訳〉一「地球の全周は一種の流動体ありて之を包囲せり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「包囲」の解説

ほう‐い〔ハウヰ〕【包囲】

[名](スル)周りを取り囲むこと。「警官が犯人を包囲する」「緊急包囲網」
[類語]ぐるっとぐるり囲い囲み遠巻き囲繞囲む取り巻く囲う取り囲む巡らす巡る張り巡らす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「包囲」の解説

【包囲】ほうい

つつみ囲む。

字通「包」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android