タンバノリ(英語表記)Grateloupia elliptica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンバノリ
Grateloupia elliptica

紅藻類カクレイト目ムカデノリ科の海藻。藻体は葉状,肉厚で革質。生きているときは黄褐色,褐紫色であるが,乾燥すると暗紫色になる。数片に分岐し,基部はへそ状に岩石に固着する。長さ 20~30cm,幅5~15cm。日本の中南部,八丈島朝鮮半島に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

海藻海草標本図鑑の解説

タンバノリ

からだは膜状で厚く硬い。革のような手ざわりである。体の裏側の面にあるヘソのような丸い盤状の付着器によって岩な どに着生する。最初のうちは付着器から平面的に広がって成長し,後に不規則な分裂をおこすようになり,さらには葉片を出すようになる。生体は紫がかった赤 色が多いが,緑や黄色っぽくなるときもある。からだの表面にチリモミジが観察される時がある。形態の似ているフダラクツルツルとは,それらが小さな盤状の付着器から数mm程度の柄を持ち,付着器から立ち上がる形態を呈することで区別できる。手ざわりもタンバノリの方が明らかに厚く硬い。見た目や手ざわりではオオバツノマタにも似るが,これは台紙に付き難く,基部がくさび形に細くなり,付着器付近では円柱状になることで区別がつく。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android