コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターシンアンリン(大興安嶺)山脈 ターシンアンリンさんみゃくDaxing'anling shanmai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターシンアンリン(大興安嶺)山脈
ターシンアンリンさんみゃく
Daxing'anling shanmai

中国北東部,トンペイ (東北) 平原と内モンゴル (蒙古) 高原の境をなす北東から南西方向の大山脈。長さ 800km,幅 200~300km。東側はトンペイ平野に急勾配に落込み,西側はゆるやかに内モンゴル高原に続く。東はソンホワ (松花) 江の上流ネン (嫩) 江とリヤオ (遼) 河の支流シャルモロン (西拉木倫) 川の流域,西はヘイロン (黒竜) 江 (アムール川) の支流エルグン (額爾古納) 川と内陸河川の流域である。山頂の多くは円頂状で,標高 1000~1400m。南東からの海洋性季節風をはばむため,東斜面は比較的湿潤で森林をなし,西斜面は乾燥して草原が多い。カラマツを主とし,グイマツ,コウアンシラカバを伴う原生林があり,中国の重要な木材資源となっている。ヒグマ,トラ,ジャコウジカや,キタリス,タカネイタチ,クロテン,カワウソなどの毛皮獣が生息。中央部をピンチョウ (浜洲) 鉄道が横断し,西部にはヤーモー (牙漠) 鉄道,東部にはネンシー (嫩西) 鉄道が南北に走っている。 1960年代から林業開発が大規模に進められ,ジャグダチ (加格達奇) ,ヤクシ (牙克石) をはじめ人口数万の林業都市が鉄道沿いに建設されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ターシンアンリン(大興安嶺)山脈の関連キーワードイーローフーリーシャン(伊勒呼里山)山脈シヤオシンアンリン(小興安嶺)山脈フルンボイル(呼倫貝爾)高原ウランホト(烏蘭浩特)特別市シャルモロン(西拉木倫)川ニエンツーシャン(碾子山)フルンボイル(呼倫貝爾)盟ジャラントン(扎蘭屯)市内モンゴル(蒙古)自治区内モンゴル(蒙古)高原ピンチョウ(浜洲)鉄道エルグン(額爾古納)川ネンチヤン(嫩江)県ジュリム(哲里木)盟ネンシー(嫩西)鉄道トンペイ(東北)平原ソンホワ(松花)江フーマー(呼瑪)県ヤクシ(牙克石)市モーホー(漠河)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android