コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイアテクシス diatexis

岩石学辞典の解説

ダイアテクシス

部分熔融であるアナテクシスが極端に進み,ほとんど完全に岩石が熔融したもの[Gurich : 1905, Scheumann : 1936].ショイマンは既存の岩石の完全な熔融で,その後高変成度に関連してほとんど完全な再熔融と考えた[Scheumann : 1936, Dietrich & Mehnert : 1961].縞状構造はなく均質になり,リューコソムの量は多く全体の半分以上となり,原岩の組織は残っていない.有色鉱物がリューコソムの中で卓越していることがある.完全に熔融するか,ほとんど熔融した高度のアナテクシスである[Dietrich & Mehnert : 1961].ギリシャ語のdia texoは融けつくすの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

ダイアテクシスの関連キーワードダイアテクタイト

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android