コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縞状構造 しまじょうこうぞうbanded structure

岩石学辞典の解説

縞状構造

岩石や鉱物の色や組織が異なる層が,平行に近い配列を示す岩石の構造[Iddings : 1909, Harker : 1932].縞状組織(banded texture)と同義に使用.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

縞状構造
しまじょうこうぞう

結晶片岩の片理(へんり)に直角な面にミリメートル単位の厚さでみられる細かな縞目(しまめ)模様で、類似の構造は片麻岩にもある。これは、石英や長石など無色(肉眼的には白色)の鉱物に富む薄層と、雲母(うんも)や緑泥石、石墨などの有色鉱物に富む薄層とが、交互に繰り返して重なっているため、横からみたとき縞状にみえるものである。石英や長石は顕著な晶癖(しょうへき)をもたず、粒状結晶の集合体をなすが、雲母や緑泥石は鱗片(りんぺん)状の鉱物であり、それらが一定の方向に平面的に配列しているため、岩石に片理を生じ、またその面に沿って岩石が割れやすくなる。この構造は結晶片岩や片麻岩などの広域変成岩によくみられる。変成作用のときに働く不均質な力の下で、晶癖の著しく異なる鉱物が互いに分かれて、それぞれの薄層をつくるために縞状構造ができると説明されているが、まだ十分に解明されていない。[橋本光男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

縞状構造の関連キーワードチャーノカイト質片麻岩インチスケール層状構造ダイアテクシス湖沼ラテライトフラクソ花崗岩長石質白粒岩トラバーチン層状貫入岩体デスモサイトテニオ花崗岩縞状鉄鉱鉱床輝石片麻岩葉状構造フゼイン変成作用鉱化作用流理構造塊状鉱床鉱染鉱床角閃岩

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android