コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギリシャ語 ギリシャゴ

デジタル大辞泉の解説

ギリシャ‐ご【ギリシャ語】

インド‐ヨーロッパ語族の一語派をなす言語。ギリシャ本土からエーゲ海の島々、キプロス島などで話されている。3000年以上にわたる豊富な記録を有し、ふつう、前2000年から前4世紀前半までを古代ギリシャ語、15世紀半ばまでを中世ギリシャ語、それ以降を近代ギリシャ語と区分する。また、前5~前4世紀のアッティカ方言に代表される古代ギリシャ語を特に古典ギリシャ語とよぶことがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ギリシャ語【ギリシャご】

ギリシア語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ギリシャご【ギリシャ語】

インド-ヨーロッパ語族の一言語。最古層は紀元前800年前後のホメロスの叙事詩にさかのぼる。紀元前四、五世紀のアテネの言葉に基づく古典ギリシャ語は、韻文にアイスキュロス・ソフォクレス・エウリピデスの三大悲劇詩人、散文にプラトンをもち、のちのヨーロッパの文芸・学術に多大の影響を与えた。以後、アレクサンドロス大王の統治下でコイネーが発達、現代ギリシャ語へとつながる。 → コイネー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギリシャ語
ギリシャご

ギリシア語」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ギリシャ語の関連キーワードパルディフィケーションエアロジェネアス岩カイシオジェニアスクリオコリティックペグニトジェニックメロリティック構造クラストレーションクリスミアン岩メルト濃縮元素ホメオ化学系列イリオジェナスクロモクレイトハロジェネシスアッティカ方言偽ボーキサイトエウクレイデスディノサウルスクラトオゲンエレクトロンインブロス島

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギリシャ語の関連情報