ギリシャ語(読み)ギリシャご

デジタル大辞泉の解説

ギリシャ‐ご【ギリシャ語】

インド‐ヨーロッパ語族の一語派をなす言語。ギリシャ本土からエーゲ海の島々、キプロス島などで話されている。3000年以上にわたる豊富な記録を有し、ふつう、前2000年から前4世紀前半までを古代ギリシャ語、15世紀半ばまでを中世ギリシャ語、それ以降を近代ギリシャ語と区分する。また、前5~前4世紀のアッティカ方言に代表される古代ギリシャ語を特に古典ギリシャ語とよぶことがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ギリシャご【ギリシャ語】

インド-ヨーロッパ語族の一言語。最古層は紀元前800年前後のホメロスの叙事詩にさかのぼる。紀元前四、五世紀のアテネの言葉に基づく古典ギリシャ語は、韻文にアイスキュロス・ソフォクレス・エウリピデスの三大悲劇詩人、散文にプラトンをもち、のちのヨーロッパの文芸・学術に多大の影響を与えた。以後、アレクサンドロス大王の統治下でコイネーが発達、現代ギリシャ語へとつながる。 → コイネー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ギリシャ語の関連情報