コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイダロス様式 ダイダロスようしき Daedalic style

1件 の用語解説(ダイダロス様式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダイダロス様式
ダイダロスようしき
Daedalic style

ギリシア彫刻史上の最古の様式。アルカイック初期の硬直かつ量塊的な彫像にみられる様式をいう。ギリシア神話の伝説的巨匠で,彫刻の発明者と伝えられるダイダロスの名にちなんだ彫刻様式。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のダイダロス様式の言及

【アルカイク美術】より

…前7世紀中ごろには,従来の木造彫刻(クソアノン)に代わって大理石を素材とする大型彫刻の製作が始まる。ルーブルの有名な《オーセールの婦人像》は,平板な形態把握,逆三角形の頭部,狭い額,水平線を強調した頭髪の処理などに特徴があり,アルカイク彫刻で最も古い〈ダイダロス様式〉を代表している。アルカイク時代に奉納像,墓像として多く作られたのは直立する裸体の青年像(クーロス)と着衣の少女像(コレー)である。…

※「ダイダロス様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダイダロス様式の関連キーワードアルカイック難波宮(なにわのみや)跡アルカイックスマイルギリシャ正教会ギリシア棺謀殺事件アルカイク美術アルカイク・スマイルコッカレルドラペリーギリシア復興様式

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone