巨匠(読み)きょしょう

精選版 日本国語大辞典 「巨匠」の意味・読み・例文・類語

きょ‐しょう ‥シャウ【巨匠】

〘名〙 ある方面技能に、特にすぐれている人。多く芸術についていう。名匠
即興詩人(1901)〈森鴎外訳〉画廊「いかなる大家鉅匠にても、幅ごとに題を同うせば人の厭倦を招くなるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「巨匠」の意味・読み・例文・類語

きょ‐しょう〔‐シヤウ〕【巨匠】

その方面、特に芸術の分野で際立ってすぐれた人。大家。「画壇巨匠
[類語]大家名匠権威第一人者泰斗たいと耆宿きしゅく大御所おおごしょオーソリティー名人達人名手妙手エキスパート巨星名工巧手腕利き腕扱き腕達者手足れ手利き有能敏腕辣腕得手特技専売特許上手得意売り物十八番おはこお家芸お株お手の物達者堪能巧者得手物器用多才うまたく巧妙潰しが利くくする腕が立つ怪腕凄腕プロ専門家スペシャリスト玄人くろうと本職ゼネラリストセミプロプロフェッショナルたくみ仕事師遣り手素人しろうと離れ玄人くろうとはだし神業かみわざベテランソムリエスキルドワーカーマイスタープロパー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「巨匠」の読み・字形・画数・意味

【巨匠】きよしよう

大作家。

字通「巨」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android