コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダイバーシティ方式 ダイバーシティほうしき diversity system

1件 の用語解説(ダイバーシティ方式の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ダイバーシティほうしき【ダイバーシティ方式 diversity system】

無線通信で生ずるフェージングの影響を軽減するため,信号の時間変動が相互に異なる二つ以上の受信信号を合成したり,切り替えたりする方式。これに対して通常の受信方式を単一受信single receptionという。 相関の少ない信号を得る方法として,互いに数波長隔たった複数の受信アンテナで受信する空間ダイバーシティ,複数の異なった偏波を受信するようにした偏波ダイバーシティ,異なった周波数帯域の送信チャンネルを複数個用いて送信する周波数ダイバーシティ,信号伝送を一定時間ずらして複数回行う時間ダイバーシティなど多種類のものが用いられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ダイバーシティ方式の関連キーワードフェージングソルフェージュフェーリング液無線通信ルフェーブルパーシャルフリージングフェーディングCQ衛星フェアリング次世代無線通信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダイバーシティ方式の関連情報