コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相関 ソウカン

デジタル大辞泉の解説

そう‐かん〔サウクワン〕【相関】

[名](スル)二つのものが密接にかかわり合っていること。「相関する二国間の経済

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうかん【相関 correlation】

変量X,Y(例えば各個人の身長と体重)の組(X,Y)の観測値(a1,b1),(a2,b2),……,(an,bn)があたえられたとき,これらをxy平面上の点としてプロットした図を相関図という。またX,Yごとに観測値を階級に分類して,各階級の代表値をそれぞれ{x1,x2,……,xn},{y1,y2,……,ym}としたとき,(xi,yj)の度数がfijであったとして,これらを表にまとめたものを相関表という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうかん【相関】

( 名 ) スル
二つのものの間に関連があること。互いに影響し合うこと。 「 -する二つの現象」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相関
そうかん

植物では、個体のある器官などの一部分が、他の器官や部分、あるいは全体の成長を調節する現象をいう。なお、動物においても、こうした現象を相関あるいは協関とよぶ。
 根は水分や無機栄養分を地上部に供給し、葉は光合成産物を根に供給していることから、地上部と根は、それぞれ互いの成長を調節しているといえる。このような場合、相関の原因は栄養的なものである。しかし、一般にはホルモンなどの調節物質が媒介となって、相関を示すことが多い。その場合、影響を及ぼす器官、あるいは部分はホルモンの供給源であり、影響を受けるほうはホルモンが作用する標的となる。ホルモンが関係する好例は、頂芽優位の現象(茎の頂芽がその下位の側芽の成長を抑制する現象)と、頂端部によって調節される子葉鞘(しようしょう)の光屈性である。いずれの場合も、オーキシンが相関因子となっている。[勝見允行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

相関の関連キーワードウィーナー‐ヒンチンの定理プライアーの法則(隕石)ダービン‐ワトソン比ダービン=ワトソン比コリレーション分析シュールマン系列イールド・カーブテレコネクションデータマイニングブルベアファンド重相関係数モット転移かと言って磁性半導体多重共線性主成分分析内的整合性相関行列モラール相対概念

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相関の関連情報