コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

偏波 ヘンパ

デジタル大辞泉の解説

へんぱ【偏波】

電磁波の振動方向の分布が一様でなく、一定の方向に限られている電磁波。電磁波が光の場合を特に偏光という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

へんぱ【偏波 polarization】

平面電磁波における電界の振動様態の分類の一つで,電界の振動方向に関するもの。光の場合には偏光という。平面電磁波では,電界は電波の進行方向と垂直な平面内で振動している。この振動方向がつねに同一方向を向いているとき,直線偏波という。電界が同じ大きさで,その方向が上記平面内で回転するとき,円偏波という。電界の大きさが変化しながら,その方向が回転するとき,楕円偏波という。地表近くを伝搬する直線偏波の電磁波においては,とくにその電界の振動方向が地表に水平のときに水平偏波,地表に垂直のとき垂直偏波と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

へんぱ【偏波】

振動方向と進行方向を含む面が、ある定まった変化をする波。電磁波では電界の振動方向が一定の直線偏波と回転する回転偏波があり、回転偏波は電界の大きさが等しい円偏波と大きさが変化する楕円偏波に分けられる。 → 偏光

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

偏波の関連キーワードマルチパラメーターレーダーマイクロストリップアンテナダイバーシティーアンテナヘルツ効果(電磁気学)空間ダイバーシティーダイバーシティー方式偏波ダイバーシティーストークスパラメータXバンドMPレーダーシンクロトロン放射ダイバーシティ方式コヒーレント光通信光エレクトロニクス110度CS左旋アイソレーターフェージング地球観測衛星モバイル放送自動利得制御ハイビジョン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android