コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無線通信 むせんつうしん radio communication

5件 の用語解説(無線通信の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無線通信
むせんつうしん
radio communication

有線伝送路によらず,電磁波を直接媒介として行う通信。 1895年 G.マルコーニ無線通信の実験に成功して以来,電子管,半導体素子などの発明によって画期的な進歩をとげた。初期は長波,中波などの低い周波数 (地表波) を利用し,次いで短波 (電離層による反射を利用) を使うようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むせん‐つうしん【無線通信】

電波を使って行う通信。送信機から送られた特定の周波数の電波を、直接または中継器を経て受信機で受け取る。無線電気通信ワイヤレス通信。→有線通信移動体通信

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

むせんつうしん【無線通信 radio communication】

空間に発射された電波を用いる通信をいう。電波は無線伝送に用いられる音声信号赤外線との間の電磁波であるが,現在では一般に10kHzから300GHzの間のものとされている。一方,国際電気通信条約の無線通信規則では3THz以下の電磁波と定義されている。その技術の発展は表に示したように,この100年間に利用できる無線周波数は100GHz帯まで,また地上のみならず宇宙通信へと拡大した。本項では,おもに地上無線通信について解説し,〈宇宙通信〉〈衛星通信〉についてはそれぞれの項目を参照されたい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むせんつうしん【無線通信】

電波の空間伝播を利用して行う通信。無線。 ↔ 有線通信

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

無線通信
むせんつうしん
radio communication

電波を用いた通信の総称。電波を初めて通信に利用して成功したのはイタリアのG・マルコーニであり、1896年のことであった。マルコーニは、100メートルの銅線を空中高く懸垂し一端を地中に埋めたが、これがアンテナ始まりである。その後、真空管、トランジスタ、そして現代のLSI大規模集積回路)に至るエレクトロニクスの進展により、無線通信は急速に発展し、現在ではあらゆる分野で使用されている。無線通信に用いる電波には、超長波、長波、中波、短波、超短波、極超短波マイクロ波、ミリ波がある。
 また、無線通信を用途面から分類すると、(1)固定通信、(2)移動体通信、(3)衛星通信の三つに大別できる。
(1)固定通信 固定した地点間の通信であり、マイクロ波を用いた方式が主流となっている。1990年代までは、電話網の長距離通信用として4ギガヘルツ帯、5ギガヘルツ帯、6ギガヘルツ帯が多く使用されていたが、これらの固定通信は光通信にとってかわられて、あいた周波数帯は再編成されて急速に需要を増している移動体通信などに使われることになっている。中・短距離通信方式では、11ギガヘルツ帯、15ギガヘルツ帯が主として使用され、20ギガヘルツ帯はおもに短距離用に用いられている。
(2)移動体通信 発信・受信のいずれか、あるいは双方が移動しながら通信するもの。船舶通信、航空機通信、警察のパトロール通信などの重要通信用から始まり、長い歴史がある。近年は1980年代から公衆通信用として列車電話、自動車電話、さらに現在の携帯電話へと普及してきた。移動体通信に使用される周波数帯は、電波の伝搬特性上、長距離通信は短波が、数十キロメートルまでの中距離は超短波、極超短波が使われている。また携帯電話は、極超短波の800メガヘルツ帯や1.5ギガヘルツ帯が使われてきているが、今後はさらに高い周波数帯が使われていくことになる。
(3)衛星通信 宇宙空間にある人工衛星などの宇宙局を介して行う通信で、静止衛星打上げ技術の進展と国際通信需要の増大によって、急速に発展した。衛星通信は、一つの衛星で広範囲をカバーできるので、国際通信のほか、離島との通信や災害時の通信などにも利用される。国内固定通信や、移動体通信にも用いられる。使用される周波数帯としては、「電波の窓」とよばれている1~10ギガヘルツの間が適しているが、伝送容量の増大の必要から、10ギガヘルツ以上の周波数帯(11、14、20、30ギガヘルツ帯)も使用されている。[坪井 了・三木哲也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無線通信の関連キーワード太陽電波搬送通信マイクロ波通信有線通信レーダー送信機電波塔ミリ波通信列車電話散乱波通信

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

無線通信の関連情報