コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダスタク dastak

世界大百科事典 第2版の解説

ダスタク【dastak】

通関券を意味するペルシア語系のことば。インドでは1717年のムガル皇帝の勅令によって,イギリス東インド会社の輸出・入する商品がインド内陸を通過中に内陸関税を免除される特権が確立したが,そのための自由通関券がダスタクである。ところが,イギリス人の商業活動の拡大とともに,会社の輸出入品のみに使用されるはずのダスタクが,会社の社員の私的な,輸出向けでないインド日常品の取引にも乱用され,さらには,ダスタク自体が密売されるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android