コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅令 ちょくれい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勅令
ちょくれい

大日本帝国憲法のもとで,天皇によって制定された法形式の一種。天皇がその大権に基づき,議会の審議を経ず,国務大臣輔弼 (ほひつ) のみによって制定,施行することができた。日本国憲法のもとでは,これに相当するのは政令であるが,法律から独立した独立命令の性質をもつことは民主主義法治主義の観点から許されていない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

勅令【ちょくれい】

旧憲法下で帝国議会の協賛を経ず天皇によって制定された法の形式。皇室事項と統帥事項を除く天皇の権能に属する事項について制定される抽象的・一般的な法規である。このうち執行命令委任命令の性質をもつものは新憲法下でも法律(1947年)によって効力を与えられた。
→関連項目学校令ポツダム政令山本権兵衛内閣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょくれい【勅令】

大日本帝国憲法の下での命令のうち,天皇により親裁されたもの。法律に次ぐ重要な法規で,当初は公文式(1886公布)によって,のちには公式令(1907公布)によって定められた法形式である。公式令によれば,勅令は,法律と同様に上諭を付して公布され,天皇の署名・捺印の後,内閣総理大臣の単独または他の国務各大臣もしくは主任の国務大臣と連名の副署がなされた。勅令の形式的効力は法律に劣るとされた。勅令には,法律を執行するための執行命令や法律の委任に基づく委任命令のほか,法律とは独立に出される独立命令と,帝国議会の閉会中に緊急臨時の必要がある場合に出される緊急勅令とがあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょくれい【勅令】

国王・天子の命令。 「ナントの-」
旧憲法下の法形式の一。帝国議会の協賛を経ずに、天皇の大権によって制定・公布された命令。緊急勅令・貴族院令など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勅令
ちょくれい

明治憲法下において、天皇によって制定された命令(法形式の一つ)の総称。天皇は統治権を行使する地位にあり、そのため内閣の輔弼(ほひつ)により勅令を発することができたのであるが、その形式も、現在認められている執行命令、委任命令のほか、独立命令や緊急命令を発することができた。そして内閣総理大臣が主任の国務大臣とともにこれに副署した。また、大権事項が広範に認められたことの結果として、勅令で定めうる事項もきわめて広かった。日本国憲法は勅令を認めていない。そのため、現行憲法施行の際に効力をもっていた勅令のうち、法律で規定しなければならない事項を内容とするものについては、経過的措置として、一定期間暫定的効力を認められた。[池田政章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

勅令の関連キーワードカピトゥラリア国民勤労動員令大日本帝国憲法ファルマーンカピツラリアポツダム命令ユグノー戦争官吏服務紀律緊急財政処分物価統制令大陸封鎖令中等学校令支払猶予令国民徴用令文官分限令ミラノ勅令アンシヨン中央標準時文官任用令小学校令

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勅令の関連情報