輸出(読み)シュシュツ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐しゅつ【輸出】

ゆしゅつ(輸出)

ゆ‐しゅつ【輸出】

[名](スル)
自国の産物・技術などを外国に向けて送り出すこと。特に、自国の商品を外国へ売ること。「電気製品を輸出する」「プラント輸出」⇔輸入
運び出すこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅしゅつ【輸出】

〔「しゅ」は「輸」の正音〕

ゆしゅつ【輸出】

( 名 ) スル
〔「ゆ」は「輸しゆ」の慣用音〕
自国の品物・技術・制度・文化などを他国へ送り出すこと。特に、自国の商品を他国へ売ること。 ⇔ 輸入 「人権思想の-国」 「自動車を-する」 → 移出

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輸出
ゆしゅつ
export

自国で生産された商品を外国に販売すること。輸出の目的は、国民経済に必要な海外物資を入手するための外貨(輸入代金)の獲得である。また、輸出には経済成長を進める役割もあるので、各種の輸出奨励策がとられることが多い。[秋山憲治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐しゅつ【輸出】

〘名〙 (「しゅ」は「輸」の正音。「ゆ」は慣用音) =ゆしゅつ(輸出)
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉二「直に印度綿を御国に輸入(しゅにう)し、盛に金巾をば製出して、之を支那其他へ輸出(シュシュツ)せん歟」

ゆ‐しゅつ【輸出】

〘名〙 (「ゆ」は「輸」の慣用音。正音は「しゅ」)
① 物を外へ運び出すこと。
② 国内商品や技術などを国外へ送り出すこと。
※日本風俗備考(1833)五「古しへは日本より、銀を外藩に輸出すること極めて夥しく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の輸出の言及

【貿易】より

…一般に国と国との間の商業取引をいう。ふつう商品の輸出および輸入からなるが,最近は運輸・旅客サービスだけでなく,電気通信サービス,金融・保険サービスや技術・情報サービス等も国境を越えて取引されるようになり,こうしたサービス貿易が注目されてきている。 もっとも国の概念が成立する前から,中国や地中海の文明圏を中心に,各地域の特産品を交換し合う交易は始まっていた。…

※「輸出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輸出の関連情報