コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸出 シュシュツ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐しゅつ【輸出】

ゆしゅつ(輸出)

ゆ‐しゅつ【輸出】

[名](スル)自国の産物・技術などを外国に向けて送り出すこと。特に、自国の商品を外国へ売ること。「電気製品を輸出する」「プラント輸出」⇔輸入

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅしゅつ【輸出】

〔「しゅ」は「輸」の正音〕

ゆしゅつ【輸出】

( 名 ) スル
〔「ゆ」は「輸しゆ」の慣用音〕
自国の品物・技術・制度・文化などを他国へ送り出すこと。特に、自国の商品を他国へ売ること。 ↔ 輸入 「人権思想の-国」 「自動車を-する」 → 移出

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輸出
ゆしゅつ
export

自国で生産された商品を外国に販売すること。輸出の目的は、国民経済に必要な海外物資を入手するための外貨(輸入代金)の獲得である。また、輸出には経済成長を進める役割もあるので、各種の輸出奨励策がとられることが多い。[秋山憲治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の輸出の言及

【貿易】より

…一般に国と国との間の商業取引をいう。ふつう商品の輸出および輸入からなるが,最近は運輸・旅客サービスだけでなく,電気通信サービス,金融・保険サービスや技術・情報サービス等も国境を越えて取引されるようになり,こうしたサービス貿易が注目されてきている。 もっとも国の概念が成立する前から,中国や地中海の文明圏を中心に,各地域の特産品を交換し合う交易は始まっていた。…

※「輸出」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

輸出の関連キーワードココム(COCOM=対共産圏輸出統制委員会)オーダリー・マーケティングサプライヤーズクレジットミサイル技術管理レジームカウンターパーチェスバイヤーズクレジット外国為替資金貸付制度輸出関数・輸入関数ノックダウン輸出チェックプライス輸出入カルテル輸出入リンク制日本輸出入銀行延べ払い輸出輸出免税制度モニタリングプラント輸出輸出入取引法輸出確認統計輸出前貸手形

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

輸出の関連情報